【英文法ファイナル問題集標準編】の特長とおすすめの使い方・勉強法

英文法ファイナル問題集標準編の特長

【英文法ファイナル問題集】①模試対策になるランダム出題

この問題集では文法、語法、イディオム、会話問題がランダムに出題され、4択問題、正誤問題、整序問題、穴埋め問題とあらゆる形式で掲載されています。

仮定法や分詞構文など分野別に出題される問題集も多いですが、この方式では繰り返し同じ文法を問われることで、簡単に答えがわかってしまいます。

ただ文法をチェックするだけではなく、問われている分野を予想する練習にもなるのがランダム出題の良さです。

模試や試験では分野別に文法問題が出題されないため、試験では問われている分野を瞬時に判別する能力が重要になります。例えば正誤問題でどこに注目すれば良いのかわからない、という
人もこの問題集を使えばコツがつかめるようになると思います。

模試と同じ出題方式に慣れることで、日々の英文法の勉強を模試対策に直結できます。

【英文法ファイナル問題集】②文法・語法すべてがわかる丁寧な解説

英文法ファイナル問題集を見て、まず驚くのは解説量の多さです。

1問1問詳しい説明がついており、参考書なしで勉強することができます。

まず、各問題で問われている分野を示す「文法テーマ」が記載されています。

また過去の問題と比較して、その時使われていた文法は何だったのかや、この問題に使われている文法と見分けるポイントが簡潔に書かれています。

さらに、関連した文法、イディオムが表形式や箇条書きにまとめられており、視覚的にもわかりやすくなっているのです。

前置詞で意味が変わる動詞のイディオムや、不定詞と動名詞の違いなど紛らわしい文法は、まとめて覚えることで区別していけるようにしましょう。

【英文法ファイナル問題集】③苦手分野が見つかる「弱点発見シート」

問題集を解き進める際に、間違えた問題を一つひとつ書き出していませんか?

何を間違えたのかの記録も大切ですが、多すぎて結局どこを解き直したら良いのかわからなくなってはいないでしょうか。

この問題集には、間違えた問題を表形式でチェックできる「弱点発見シート」がついています。

これは、横に1回から10回に区切られ、縦に文法やイディオムなどの分野で分けられており、それぞれのマスに問題番号が振り分けられて、各回の1問1問がどの分野のものであるのかわかるようになっています。

間違えた問題にマーカーで印をつけていけば、間違えた問題の記録になるだけではなく、どの分野で間違えやすいのか、ぱっと見て分布がわかるようになっているのです。

このとき、印をつけるのは2、3回繰り返し間違えてしまう問題に絞るのがおすすめです。

何度も間違えてしまう分野を参考書で確認し、再度その分野の問題を解き直していけば、苦手克服につながるでしょう。

英文法ファイナル問題集標準編のおすすめの勉強法・使い方

【英文法ファイナル問題集】①実力をつけてから、期間を決めて一気に解く

「標準編」とありますが、これは英文法の総復習をする問題集であり、ある程度英語の勉強が終わってから取り組むのがちょうど良いです。

自分が使っている参考書の勉強が終わってから、もしくは学校で文法の勉強がある程度終わってからを目安に、問題を見て分野の予想を自力でできるようになってから始めるのがおすすめです。そうすることで英語力の強化につなげやすくなります。

また、期間を決めて一気に解き切りましょう。

この問題集の場合は、夏休みなどを利用して1、2ヶ月で仕上げる目標がちょうど良いと思います。

1回30分程度で終わるため、予定に組み込みやすく、精神的な負担も少なく取り組めるでしょう。

このとき、ただ解くだけではなく解説を読み込むことも忘れないでください。

非常に丁寧な解説であるため、正解した問題も一度解説を読んでみると新たな知識が得られたり、頭の中の知識が整理されたりすることもあるのです。

【英文法ファイナル問題集】②間違えた問題は覚えるまで解き直す

まず、一度でも間違えた問題には印をつけるようにしましょう。

解き直しても間違えるものにはさらに別の印をつけて段階分けをすると、間違えやすい問題がひと目見てわかり、すぐに確認できて復習がしやすくなります。

つけた印は正解しても残しておくことで、いつでも復習できるだけではなく、改めて解き直して正解した時に自分の英語力の成長を感じられます。

また、普段解き直しをするときは間違えた問題だけをやり直せば大丈夫です。簡単な問題も掲載されているので、すべての問題を解き直していては時間がもったいなくなってしまいます。

紙に書いたりせず、見るだけの簡単な復習をすれば隙間時間の活用にもなるでしょう。

【英文法ファイナル問題集】③定期的な復習で記憶を定着させる

英文法の問題集は単語帳とは違い、一度仕上げれば毎日見る必要はありませんが、英文法が以前よりできるようになったからと言って、復習をしなくて良いというわけではありません。

受験勉強を本格的に始めると、英語の過去問を解く機会は増えますが、その分英文法の勉強時間が減ってしまいます。

「最近英語の勉強がおろそかになっているな」と不安を感じたら、この問題集を短時間で解き直すことで苦手な英文法を総復習しましょう。

またランダム出題だからこそ、1回分を解き直すだけで多くの文法を復習することができるのです。

英文法よりも他の教科や発展的な演習問題に力を入れたい受験期に、ランダム出題で広く浅く復習すれば効率良く英語の勉強ができます。

このときすぐに答えられなかった問題や、記憶に不安を感じた問題はすぐに参考書を読み直し、文法知識の穴を埋めていくようにしましょう。




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート