教師「同じ参考書を何周も使え」←バカ正直に6周もした結果

goukaku-suppli_2015-10-26_13-15-06.jpg
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

同じ参考書を何周もした、すげぇやつのお話

「似たような参考書を何冊も買ってはいけない。一つに絞って何周もやりなさい。」受験生の皆さんだけでなく、高1、高2の皆さんも一度は耳にしたことがあるセリフだと思います。

僕も高校では耳にたこができるほど何度も聞きましたが、せいぜい2、3周するのが限界。1周して満足するものや、1周もできなかったものがほとんどでした。

ご安心ください。タイトル詐欺ではありません。ちゃんと6周した話をします。と言っても、これから書くのは僕の同級生(A君とします)の話です。

まずは僕のくだらない回想シーンにお付き合いください。

A君の偉業に気付く

僕がA君の偉業に気がついたのは高3の秋でした。英語の授業が毎回文法の小テストから始まっていて、生徒のモチベーションアップのためか、先生が全員の結果をランキング形式にして掲示していたのです。

それで気付いたのですが、夏休み明けからずっとA君の名前が一番上に載るようになったのです(A君だから出席番号順で一番上とかではないです。別に頭文字とかじゃないです)。

僕を含め他の生徒は最低限の点数は取ろうと、直前に詰め込んでいたのですが、彼だけはいつも悠々たる佇まいで綾鷹を飲んでいました。

なぜこんなにも余裕だったのか?ここでタイトル回収、そうです。彼は春から夏休みにかけて文法の参考書を6周していたのです。「文法は完璧」どころか「俺が文法だ」とでも言わんばかりの完璧具合でした。

ちなみにA君は第一志望の東京大学に楽々入学しました。

次ページ:6周もした猛者から学ぶこと

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。