【センター地理】東大生がすすめる対策・勉強法で9割~満点を目指す

全国の地理選択者の皆さん、こんなことを思ったことはありませんか?

「世界史と日本史に比べて、地理って勉強法もおすすめ参考書も全然載ってなくない?」

僕は受験生時代、あまりの情報の少なさに悲しみを隠せませんでした。本屋さんに行っても地理だけひっそりしていることが多いですよね。「ああ、日本史にすればよかったかな」なんて思ったこともありました。

しかし、もうそんな時代は終わりました。今回、この記事で僕がおすすめの勉強法や参考書、問題集を詳しく紹介します!もちろん勉強法は人それぞれではありますが、この記事がみなさんの参考になれば幸いです。

センター地理という科目の特徴

「地理」という言葉からはなかなか何を学ぶのかかわかりませんよね。これから地理を勉強し始める人も、もう一通り勉強した人も、ここで一旦地理とはどういう科目なのかを抑えておきましょう。

センター地理で学ぶこと

センター地理の例年の出題分野を見てみましょう。

大問1 世界の自然環境
大問2 世界の産業(農業・工業)
大問3 都市や村落
大問4 世界地誌
大問5 現代社会の諸問題
大問6 日本の地域調査

大問1、2、3、5は世界全体から幅広い出題がされますが、大問4と6は年度ごとに1つの地域が出題される傾向にあります。

大まかにいうと、地理とは「日本及び世界全体の地域的特徴と、文化、社会を学ぶもの」だと僕は考えています。細かくいうと、プレートの配置や気候の違い、主要な産業や宗教、人種、社会制度など、本当に多種多様です。

しかし、そんな多種多様な地理ですが、実は他の地歴公民分野にはないある特徴があります。それは、

「知識を応用すれば、知らないことでも推測できる!!」

という点です。歴史は覚えていないとどうしようもありませんが、地理は科学的な理解をしていれば答えを導ける、まさに文系でありながら理系の特徴を持つような科目です

そのため、地理という科目では上記の知識以外にも、それを応用して問題を解決する力を学ぶ、極めて実用的な科目だと言えますね。

センター地理の傾向

このような特徴がある地理ですが、センター試験では主にこれらの知識を前提に、「応用力が備わっているか」を確認する問題が非常い多いです。

その代表的な問題に雨温図があります。1年間に降る雨の量や気温の推移をグラフから読み取り、その気候が地図上のどの場所の気候であるかを考える問題ですね。この類の問題は、「赤道付近では気温が高く、雨が多い」「緯度の高い地域は気温差が大きい」などの知識を使って、与えられたグラフにどんな特徴があるかを考えれば正解を導くことができるのです。

また、「東南アジアで車が多く生産されるにいたる経緯」や「ドイツに移民が多く流れ込んだことで生じた問題」など、とても現代的なものも扱われています。一見難しそうに見えても、仕組みがわかれば「なるほど!」と思える問題が多いのも、センター試験の特徴です。

もちろん暗記していないと答えられない問題も多いです。「ブミプトラ政策」「北大西洋条約機構」に関する問題など、中身を詳しく知っていないと正解が導けないものもあります。日本に関する問題は結構覚える点も多く、平野や川の名前、特産物などいわゆる中学レベルの知識は必須です!

では、そのようなセンター試験に向けて、どう対策するかを紹介します!

次ページ:センター地理の具体的な勉強法!