脳に効いて集中力アップ!?噂の食材「GABA」

goukaku-lab_2015-06-23_03-22-10.png

コンビニやスーパーにはたくさんのお菓子が陳列されていますね。
その中に「GABA」というチョコレートがあるのを見たことはないでしょうか?
実はこのGABA、摂取すると脳に効いて集中力がアップすると話題になっているんです。

そこで、今回は最近話題の『GABA』を検証!!果たして『GABA』はがんばる学生の味方になってくれるのでしょうか?!

GABAって何?

チョコレートやココア、発芽玄米などに含まれているとされる『GABA』。
一体どんな成分なのかご存知ですか。
実は、γ-アミノ酪酸(ガンマアミノらくさん)というアミノ酸の一種で、英語名のγ(gamma)-aminobutyricacidの頭文字をとった略称が『GABA(ギャバ)』なのです。たんぱく質を形作っている18種類のアミノ酸とは異なり、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在しています。

どんな働きをしているの?

『GABA』は、体内で主に抑制系の神経伝達物質として脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めたりする働きを担っています。このため、脳内の『GABA』が不足するとイライラするのはもちろんのこと、さまざまな体調不良を招き、ひいては大きな病気の引き金となってしまうのです。

どんな効果があるの?

血圧を下げる、中性脂肪を抑える、肝臓・腎臓の働きを高める…といった『GABA』の数々の効能の中でも注目したいのは“神経を鎮める”という働きです。
勉強中や試験前などイライラしたり、不安定になったときに摂取すれば、パニックや不安を改善、集中力をアップさせてくれるはず!『GABA』はがんばる学生の強力なサポーターなのです。

摂取するには・・・

通常、『GABA』は睡眠中に生成されると言われています。

近年までは食べ物によって『GABA』を摂取しても、脳内ヘ到達することはないという説が有力でした。
しかし研究が進み、最近になって、食べ物によって摂った『GABA』も脳へ届くことがようやく分かってきました。

つまり、睡眠不足になりがちなテスト前や受験前には、不足する『GABA』を食べ物で補えば良いということです。
さらに、チョコレートやココアから摂取すると、脳のエネルギー源として、頭の働きを活性化させる『ブドウ糖』も同時に補給できるため一石二鳥!

最後に

神経を安定させ、集中力を高めてくれる・・・『GABA』は、勉強に励む学生にとって強~い見方であると言えるでしょう。
しかし、あくまでも『GABA』はサプリメント。成績アップや志望校合格は自分自身でつかみとるものです。

さあ、心強いサポーター『GABA』を片手に万全のコンディションで、勉強に臨みましょう♪