【必見】あなたは持ってる? 試験当日便利だったもの7選!

goukaku-suppli_2015-11-03_06-58-07.jpg

模擬試験当日に何を持って行こうかと迷ったり、忘れ物をしたりという経験は誰しもが一度はありますよね?センター試験や大学の入学試験などの本番になるとなおさらのはずです。

一生懸命勉強して臨んだ受験前日・当日に持ち物であたふたすることがないように、私が受験時に持って行って良かったものを7つ紹介します!

1つ目 時計

「そんなの当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうですが、これが意外と持ってこない人が多いんです。

どうせ試験会場にあるだろうから持っていかなくて良いという考えは今すぐ捨ててください。基本的に試験会場には時計がないことが多いです。

また、もし時計があったとしても、席によっては時計が見づらい時もあります。

残り時間を確認する度にカンニングを気にしながら部屋の時計に目を凝らさないといけないのは、試験に集中する上で圧倒的不利ですよ……!

2つ目 チョコレートやクッキーなどの菓子類

勉強で脳を使ったときに、脳の栄養分として一番効果があるものは糖分であると言われています。

入試となると普段の何倍も頭を使うはず。そんな時に、手元にチョコレートなどの菓子類があれば勉強で疲れた脳に糖分を提供することができます。

また、ガムなどを持っておけば、噛むことで頭の活性化を図ることもできます。

そもそも自分が好きなお菓子を持って行くこと自体が、気持ちを落ち着かせる効果があるのでオススメ!

3つ目 試験会場周辺地図

試験当日、試験会場が分からなくて、迷子になり、試験開始時間に間に合わないという人が少なからずいます。実際、私は模擬試験会場の場所が分からず、試験開始時間に大幅に遅れたことがあります……。

主要科目や苦手科目の時に時間をロスするのは非常に不利です。
スマートフォンでの確認でも良いですが、万が一充電が急に無くなったり、何かしらの影響でスマートフォンが使えなかったりするときのことも考慮して、地図を印刷して持っておくと便利です。

4つ目 防寒具や雨具

試験が行われるのは、冬です。雪が降る寒い日もあります。

ですので防寒具で寒さ対策をしたり、急な雨を雨具で防いだりして体調管理をすることも必要です。防寒具として、カイロは絶対持って行った方が良いと思います。

試験が始まって、さあ解答欄を埋めていくぞと意気込んだところで、手がかじかんでいて全然文字が書けないということがないように、カイロはポケットにでも入れておきましょう。

5つ目 常備薬

試験中に急にお腹が痛くなったり、頭痛の症状が出たりするかもしれません。痛すぎて試験が受けられないということがないように、常備薬も持っていくことをおすすめします。

また、気持ちの面でも薬があるのとないのでは意外と差がありますよ!

6つ目 参考書やノートなど自分が使い古したもの

試験が立て続いている間は、トイレに行ったりなどで忙しくて見る暇がないかもしれませんが、お昼休憩などの長時間の休憩の時はすることがなくて手持ち無沙汰になるときもあります。

そんな時に読むための参考書やノートなどを持っていくことをオススメします。ここでポイントなのが、持っていく参考書やノートは使い古したものであるということです。

新しいものを持っていくと、これもあれも分からないと試験前にパニックに陥り、試験に対して不安な気持ちで向かうことがあるかもしれません。

そのようなことがないように、自分はこれだけ頑張ったんだと自身が持てるものを御守り代わりに持っていくのも良いでしょう。

7つ目 メガネ(目が悪い人限定)

「コンタクトだから大丈夫」と思っている人! 絶対メガネも持って行ってください。

急に目が痛くなったときや不意にコンタクトが外れたときも、メガネを持って行ったら安心です。試験中も未来も「視界良好」で行きましょう!!

最後に

以上で、受験時に持って行った方が良いもの紹介を終わります。

試験当日は何があるか分かりません! 万全の準備、対策をして試験に挑みましょう!お読みいただきありがとうございました。