【高2生必見!】受験モードに気持ちを切り替えるために、今から出来る3つのこと

goukaku-lab_2015-09-10_09-09-13.jpg

期末試験が終われば春休み、いよいよ「受験生」という言葉が現実味を帯びてきますね。
いやだなあと思う人も多いでしょう。どのように1年を過ごせばいいのか漠然とした不安を抱えている人もいると思います。
そこで今回は、私自身が3年生に上がったときの周囲の様子やその時の自分の心境などを振り返りつつ、みなさんが受験モードに気持ちを切り替えられるようなアドバイスをお送りしたいと思います。

なかなか受験モードに気持ちを切り替えられない…

高校2年生の頃、ちょうど現役受験生のセンター試験が終わった時期に予備校や学校の先生、親など周囲からは「次は君たちの番だ」というようなことを頻繁に言われるようになりました。

しかしその頃の私は、「まだ2年生なのに早いよ!」「まだ遊んでいたいよ!」「まだ自分は受験生じゃないよ!」という気持ちが強く、全然受験生という自覚を持てずにいました。周りの友人たちも部活に忙しく、それほど勉強しているようには見えなかったので、まだ受験勉強なんて始めなくてもいいだろうと呑気に春休みを過ごしていました。

春休みが終わり、3年生になると、この頃から周りにも予備校に行く人たちが増え、休み時間などに英単語帳を開いて勉強している友人も増えてきました。
そのように周りが受験モードに切り替わっていくのを見ても、「そうか、受験生か、うんうん、自分もそろそろ受験生なんだな。」と〝思っているだけ〞で、どんな風に1年間を過ごしたら良いか、などは全く考えずに、漠然とした毎日を過ごしていました。

振り返ると後悔ばかり

以上が高校2年生の1月から高校3年生になるまでの私です。
今振り返ってみると、少しでも早く勉強に手をつけていれば後からあんなに苦労することはなかったのに、と後悔しています

夏休み前には早くから受験勉強を始めていた同級生と成績でかなりの差をつけられてしまい、夏休みは焦りに加えてかなり自分を追いつめて勉強をしなければならなくなってしまいました。
最低でも高校3年生の春には自分の気持ちを完全に受験モードに切り替えておきたかったです。

受験勉強はなるべく早くスタートさせた方が良い!

皆さんの中にも私と同じような気持ちをもつ人もいるかと思います。
そんな皆さんには、今まで述べてきた私の体験談をぜひ反面教師にしてほしいのです。

受験モードに気持ちを切り替えることが少しでも早くできれば、少しは余裕を持って受験生活をスタートすることができます。最初の一歩をライバルよりも先に踏み出せるというのは、本当に大きいことなのです。
では、具体的にはどんなことをしたらよいのでしょう。

次ページ:気持ちを切り替えられない原因は何か?