看護大学とは?看護専門学校の違いをカリキュラムから就職まで調査!

0_20140730110220

画像引用:日本赤十字看護大学 本学の特色|大学ポートレート

こんにちは、ライターの啓です。

看護師になりたい、国家資格である看護師資格を取得したいと考えている人にとって、「どうやって看護師になるか?」を考えたことがあるでしょう。

看護師になるためには、3年制の看護専門学校4年制の看護大学を卒業し、看護師国家試験を合格して資格を取得することが一般的です。

五年一貫制の看護科がある高校を卒業するルートもあります。

看護大学とは、4年制の看護教育を行う大学のことで、○○看護大学といった単科大学だけでなく、総合大学の看護学科も含めて看護系大学と呼ばれることがあります。

今回はそんな看護大学について、専門学校との比較を中心に調査しました。看護大学の存在は知っている、という人もおさらいしておきましょう。

それでは、看護大学と専門学校の違いについて

  • カリキュラム
  • 取得できる資格
  • 学費
  • 給与・就職

の4つの観点から見ていきましょう。

スポンサーリンク

看護大学と専門学校のカリキュラムの違い

看護大学は4年制で、専門学校は3年制

看護大学は一般的な大学と同じく4年制ですが、専門学校は3年制と大学より1年先に卒業して、現場に出ることができます。

ただ、専門学校の場合、保健師統合カリキュラム校(保健師の資格も取れる)や定時制専門学校の場合は4年になります。

もちろん、大学と専門学校で異なるのは修業年数だけでなく、そのカリキュラムの中身が大きく異なります。

看護大学には一般教養科目がある

看護大学には、看護学や病理生理学、形態機能学、公衆衛生学といった専門科目だけでなく、中国語やドイツ語などの語学や社会学、教育学といった一般教養科目を受けることができ、多くの学問に触れることができます。

ここが専門学校との大きな違いです。

看護大学では、考える力を養い、より高い専門性と総合性をもった研究者的側面を持った看護師を育成する一方で、専門学校では、看護の技術者として現場で即戦力として活躍できるような教体制が整っています。

そのため、看護専門学校は、看護実習がカリキュラムの3分の1を占めるなど、実習中心的になっています。

以上がカリキュラムの違いです。続いては、取得できる資格の違いについてです。

次ページ:看護大学と専門学校の取得できる資格の違い

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。