受験生時代の睡眠時間ってどれくらい?

受験生時代の睡眠時間ってどれくらい?

夜遅くまで頑張っているお子さんを見ると、応援したくなるとともに、翌日授業中寝てないかと心配にもなってしまうのではないでしょうか。
脳科学的には最低6時間の睡眠が記憶の定着には必要だと言われています。
そこで、今回は現役大学生に受験生時代に6h以上睡眠時間をとっていたのか聞いてみました。

無題

6h以上

・眠いのに勉強しても効率悪いです…(早稲田法学部)
ー確かに、眠気と戦いながら勉強しても集中できず、はかどりません。

・1.5hの倍数が良いと聞き、6h睡眠ををキープしていました。(東大工学部2年)
ー1.5hを基準とした睡眠はすっきり起きられるといいますね!

・6h睡眠だと起きている時間が短いので、要領良く勉強しようと努められました。(早稲田商学部)
ー少しの時間も無駄にしないように集中できそうです。

・日付が変わる前には寝たかったので、必然的に7時間睡眠になりました。(東大農学部)
ー睡眠・起床時間を決めておくと睡眠時間も毎日同時間確保できますね。

スポンサーリンク

6h以下

・勉強時間をできるだけ多く確保するためです。(一橋経済学部)
ー他の人が寝ている時間も勉強できるので、余裕を持てそうです。

・1日のノルマを達成するためには睡眠時間を削らざるを得なかったので。(慶應法学部)
ー受験生になると、すべき事は1、2年生とは比べ物になりません。

・だらだら勉強していたため(とても後悔しています)(東大理1)
ー就寝時間を決めておいた方が締め切り効果が出てはかどりそうですね。

・テストの度に徹夜していたので、遅くまで勉強するクセが付いてしまいました。(東大理2)
ークセがついてしまうと、徹夜型から脱却するはなかなか難しいようです。

番外編

しっかり睡眠を取っても眠い…そんな時、先輩が取っていた対策を聞いてみました。

・軽く机で寝る(布団で寝ると後で後悔します)(東大文一1年)
ー眠い時には我慢せず寝てから勉強した方が集中できます。

・顔を洗った(東大工2年)
ー寒い時期には効果倍増しそうですね。

・気合で起きた(東大経済3年)
ーさすが東大生。すごい気合いですね。

・鼻から水を飲んだ(一橋、商1年)
ーすごく鼻が痛くなりそうです。

いかがでしたか?ほとんどの先輩が6時間は睡眠時間を確保していたという結果になりました。
無理して遅い時間まで勉強しても、効率が上がりません。
しっかり睡眠時間を確保したうえで、残りの時間をどう使うかを考えてほしいですね。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

高1・高2生向けコースの資料請求をされた方全員に、難関大学に合格した先輩の【志望校合格をつかんだ学習法がわかる】情報誌を今だけ無料プレゼント!

進路選択・志望校選びに迷っている方にもおすすめです。