英文標準問題精講

4010323310.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

英文解釈力を究極にまであげたい人

「簡単な英文和訳は解けるんだけど、構文的に複雑だったり、文章の意味が深い問題は解けないのでその対策がしたい!」という人が向いています。

レベルが一つ下の「基礎英文問題精講」を解いて満足できなかった際に取り組むと良いでしょう。

スポンサーリンク

短文から長文の英文解釈

英語の短文やちょっとした文章が掲載されており、その文章に対する訳や、出現した語彙、構文の解説が載っています。

文章自体読み応えがある仕様になっています。

単語のレベルもやや高めで全てを覚える必要はないと言えます。

入試になると知らない単語が必ず出てきますが、辞書をひく訳にはいきませんよね。意味を想像しながら問題を解かなければなりません。

その練習に最適の問題集ともいえるでしょう。

良質な英文が多数掲載されている

大して意味のない文ではなく、質の高い英文が例文となっています。

また文章の内容が深いものもあり、英文を通して自分の人間付き合いや物事に対する考え方に意識を向けるきっかけにもなり、単に英語の勉強にとどまらず読み応えがあります。

遊び心がない正統派の参考書

最近の読者に媚びを売るような参考書とは異なり、内容に一切の無駄がなく濃い内容となっています。

しっかりと腰を落ち着けて取り組む方に向いているといえます。

コラムなり息抜きが欲しい方には逆効果かもしれないので、実物を確認してみることも大事です。

一個レベル下の基礎英文問題精講で満足できなくなった時に数ヶ月取り組む

英文標準問題精講はかなりレベルが高いので、基礎英文問題精講を先にやることをおすすめします。

基礎英文問題精講を終わらせてみて余力がある際に取り組んでみましょう。

重厚な文章を読むことになるので、一気に進めると言うよりは、一日1~3題の英文を丁寧に読むというペースでやっていくと良いでしょう。

語彙レベルも高いので定期的な復習も必要です。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!