世界史解説【東アジア文化圏の形成と発展】魏晋南北朝

globe-1130870_1920
この記事は 2016年09月17日に更新されました。
この記事ではこのボタンか赤文字をクリックすると赤文字を隠すことができます。

こんにちは。合格サプリ編集部の肯定ペンギンです。

今回は魏晋南北朝期を扱います。
赤字はセンターレベルを表します。太字は便宜上文中で強調するために用いたもので、憶える必要はありません。

三国時代

曹操の子である曹丕が後漢を倒し、華北を建国すると、対抗して劉備四川を、孫権江南を建てました。

蜀は魏に滅ぼされ、魏も司馬炎に帝位を奪われて、西晋が建てられる。晋は290年に呉を滅ぼし、三国時代は終わりを迎えました。

スポンサーリンク

晋の混乱と五胡十六国

晋では、帝位をめぐり八王の乱が発生しました。同時期、五胡(匈奴・鮮卑・羯・氐・羌)と称される異民族が侵入し、永嘉の乱が発生しました。匈奴の反乱により、晋は316年に滅亡しました。

華北は五胡十六国時代に入ります。漢民族の多くが江南に逃れ、稲作の普及など、江南の開発が進むのがこの時期です。江南には司馬睿が建てた東晋をはじめとし、その後、南朝と称される4王朝(宋・斉、梁、陳)が、建康(現在の南京)を都に興亡しました。建康は、の時代には建業とよばれました。

南北朝時代

華北では、鮮卑拓跋氏北魏を建て、第三代の太武帝439年に華北を統一しました。以後、隋の統一に至るまでを南北朝時代とよび、華北の五王朝(北魏・東魏・西魏・北斉・北周)を北朝と総称します。

第六代の孝文帝漢化政策を採り、平城から洛陽へ遷都しました。彼の死後、北魏は東西分裂し、東魏北斉に、西魏北周へ代わり、北周北斉を滅ぼして華北を統一しました。

その後、北周の外戚であった楊堅の建国、南朝のを滅ぼし、589年に中国を統一しました。
gisinnnanboku

画像引用:魏晋南北朝 – Bing

魏晋南北朝期の諸制度

は、地方に赴いた中正官が人材を評定して推薦する、九品中正を開始しました。大土地所有者の豪族が上級官職を独占し、門閥貴族の形成を招きました。

その後、諸王朝で大土地所有を制限する制度が実施されました。屯田制西晋占田・課田法北魏(孝文帝の時代)の均田制三長制などがこれにあたります。

北魏の創始した均田制と、西魏の創始した府兵制は、隋・唐にも継承されました。

魏晋南北朝期の文化

魏晋南北朝期の江南では、貴族を担い手とする六朝文化がおこりました。

東晋では、詩人の陶潜、画家の顧愷之(代表作:『女史箴図』)、書家の王羲之が活躍しました。では、昭明太子『文選』を編纂しました。この時期、四六駢儷体という華麗な文体が流行しました。また、老荘思想に基づいた哲学論議である清談が流行し、竹林の七賢が活躍しました。

同時期、不安な世相を反映して仏教が広まり、西域僧の仏図澄鳩摩羅什達磨(禅宗の始祖)が来訪しました。東晋の僧法顕は、インドへ往路は、復路はをたどって赴き、『仏国記』を記しました。仏教の大規模な石窟寺院が、敦煌雲崗(平城に近い)、竜門(洛陽に近い)などに造られました。また、北魏寇謙之は、道教を大成しました。彼は、北魏の太武帝によって保護されました。
jyosisinzu

画像引用:女史箴図

次ページ:覚え方やコラムは次のページ