鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁の特長とおすすめの使い方・勉強法

【英語の参考書まとめ】大学受験 英語参考書のレベルを徹底比較!おすすめ参考書レビューまとめ・一覧(毎月更新)

2019.04.27

鉄壁の特長

【鉄壁】①圧倒的に情報量が多い

難関大学を受験する学生であるならば、そのほとんどが目にしたことがあるであろう『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』

その重苦しい名前と見た目から敬遠されることもしばしばですが、ここまで効率的に記憶することに特化した単語帳は他にはありません!

本書の第一に特筆すべきところは、接頭辞・語根・接尾辞の解説、例文、派生語・対義語、イラスト等の情報が充実しているところです。

例えば、”define”という単語ですが、

  1. 意味:~を定義する,明確にする”
  2. 単語の語源的な説明:de-〈強意の接頭語〉+ fine(区切り)
  3. 例文:”I cannot define the word exactly, but I know its meaning in my head.”(その単語を正確に定義できないが、頭で意味は分かっている。)
  4. イラスト:直感的に単語のイメージを捉えられる
  5. が掲載されています。

    そしてその下に続くかたちで、

  6. 形容詞形:”definite (明確な)”
  7. 名詞形:”definition(定義)”
  8. 副詞形:”definitely(絶対に)”
  9. 形容詞形の対義語:”indefinite(不明確な)”

と派生語・対義語がまとまって掲載されています。

参考:『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』 角川学芸出版 2009年発行

このように、たった1つの単語から8つの情報を関連させて覚えることができてしまうのです。

ただ単語と意味とを単調に覚えるよりも、すべての情報を関連させて覚えた方が簡単かつ、効率的です。

さらに、「この単語の対義語って何だっけ……」「同じ意味の他の単語も覚えておきたいな……」と思ったときに、単語帳をめくって探す無駄な時間とおさらばできます!

【鉄壁】②テーマ別に分かれているので取り組みやすい

本書はテーマごとに50セクションに分かれています。

例えば、セクション1には「重要な、ささいな」というテーマの単語が収録されています。

同じセクション内の単語には意味の繋がりがあるので、アウトプットをする際にひとつの単語から他の関連する単語を芋づる式に思い出すことができますよ。

ただ単語がずらっと羅列されているような単語帳が苦手だという人に、とにかくおすすめしたいです。

また、各セクションはおおよそ10ページ前後という、一度で学びやすいページ数で構成されています。

「1日に〇セクションやる」など、具体的な計画が立てやすいため学習が長続きしやすいですよ。

【鉄壁】③東大だけでなく早慶大対策にも

本書は『鉄緑会東大英単語熟語 鉄壁』と、いかにも東大志望者向け!というような重厚感漂う名前ですが、東京大学だけでなく早稲田大学や慶應大学などの難関私立大学をねらう受験生も使うべき一冊です。

本書は、単語3196語 熟語1053語収録と、網羅性十分。

加えて、先述した通り、本書には派生語・対義語が多数掲載されています。
1つの単語について深く知ることができるので、私立難関大学の入試に頻出の単語の穴埋め問題や言い換え問題の対策にうってつけです。

鉄壁のおすすめの勉強法・使い方

【鉄壁】①セクション最初の解説をしっかりと読む

セクションの頭には、各テーマごとの単語の語源や関連性、接頭辞・語根・接尾辞についての詳細な説明など、学習の手助けになる情報が掲載されています。

まずは、この部分をしっかり読みこむことで、エピソード記憶として単語を覚えやすくなりますよ。

【鉄壁】②赤シートで反復的に覚えて章末テストに取り組む

まずは付属の赤シートを使って、
単語の意味を隠す→確認という作業をひとまず1回行います。

1セクションすべての確認を終えたら、セクション終わりにあるReview Testをやってみましょう。

一見簡単と思いきや、単語の意味を正確に把握していないと間違えてしまう良問揃い。

書き込む必要もなく赤シートで手軽に答え合わせができるので、通学時などにもサクッと行うことができて便利です。

不正解だった箇所は、その単語のページに戻って意味を確認して蛍光ペンなどで印をつけておくと復習の際に役立ちます。

赤シートで意味の確認→Review Test→間違えたところに戻って復習

この作業を分からない単語がなくなるまで、反復的に繰り返しましょう。

【鉄壁】③例文を覚えるまで繰り返し音読する

嬉しいことに、本書のほぼすべての単語に短く覚えやすい例文がついています。

単調に英単語と訳語を覚えるのは難しいことです。
他の単語帳では、主要な単語にしか例文がついていない場合がありますが、鉄壁ならバッチリ。

そして、ここで重要なのが発音することです。必ず最低3回は例文を声に出してみましょう。

本書には別売りのCDもあるので、それを活用してシャドーイングをするのもなお良しです。
単語を覚えるまで耳で聴いて、口で発して、を繰り返しましょう。

【鉄壁】④辞書としても使ってみる

過去問題集などでわからなかった単語があった際には、手軽な電子辞書ではなく、本書で調べてみましょう。

巻末の索引を参照して、調べたかった単語を見たのちに、その前後に掲載されている派生語も確認をします。

こうすることにより、わからなかった単語の意味の確認だけでなく、同時に関連した単語の復習も行えるので、さらに効率的な単語学習ができるでしょう。

本書を隅から隅まで生かすことによって、まさに『鉄壁』の英単語力を身に着けることができます。あなたも『鉄壁』を活用して、充実した英語ライフを送りましょう!

【英語の参考書まとめ】大学受験 英語参考書のレベルを徹底比較!おすすめ参考書レビューまとめ・一覧(毎月更新)

2019.04.27



皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート