英単語ターゲット1200(大学JUKEN新書)

4010339233.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

中学レベルから可

英語がかなり苦手で、中学レベルの単語にも不安がある・・・という人が、センター試験の易しめの単語がわかるレベルまで持っていける単語帳です。

デザインもシンプルで単語暗記に集中でき、無駄のない勉強ができるため、確実に基礎を固められる一冊です。

スポンサーリンク

本当に英語が苦手な人でも大丈夫

「英単語ターゲット1200」には中学レベルの200単語、高校基礎レベルの1200単語、熟語300語が収録されており、本当に英語が苦手という人でも、無理なく大学受験で必須といえるレベルの単語を身につけることが出来ます。

逆に英語に自信があるという人には簡単すぎる可能性があるので、しっかり内容を確認した上で買うようにしましょう。

「一語一義主義」で無駄なく基礎を固められる

「英単語ターゲット1900」は一つの英単語に一つの意味を赤字で載せた、「一語一義主義」の単語帳です。

そのため、複数の意味を覚える必要がなく、負担を最小限にして進めることができます。

単語の配置にも配慮がされてある上、赤シートや無料でwebからダウンロードできる音声があり、細かい点でも問題はありません。

上位のターゲットシリーズにも接続できる

「英単語ターゲット1200」には、その上位レベルに相当する「英単語ターゲット1400」、「英単語ターゲット1900」が存在します。

そのため、この単語帳を使えば、同じシリーズでより高いレベルまで到達することが出来ます。
同じシリーズで続けて勉強できることは大きなメリットといえるでしょう。

繰り返し、確実に!

基本的なレベルの単語が多いので、既に知っているものも多いでしょう。
さらに「一語一義主義」なので、高速で学習を進めることが出来るかもしれません。

しかし基本的な単語ばかりということは、覚え漏れがあると危険ということです。

赤シートを用いて何度もテストを行い、この単語帳に載っている単語は全て死守できるようにしましょう。

逆に、全て完璧に出来れば漏れがある受験生に差をつけることが出来ます。100%確実に身につけるようにしましょう。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。