英文法解説

4760820094.jpg
この記事は 2016年04月17日に更新されました。

>>Amazonレビューを見る<<

英語を職業にする人向け

この本は、英語で食っていく社会人や、これから外国人と交流したい英語上級者にお勧めです。

評判のいい本ではありますが、大学受験生にはレベルが高すぎるかと思われます。

スポンサーリンク

細部まで行き届く解説

本書は、英文法の非常に細かい事項までを細かく説明しています。(大学受験の範囲を超えたところもいくつか見受けられるくらいです。)

そのため、英語を学ぶ大学院生や翻訳業を営む人・海外留学を考えている大学生・高校の英語教員などに向いているといえるでしょう。

豊富な例文を掲載

各文法事項を解説する際、かなりたくさんの例文が紹介されています。
そのため、実際にその文法事項を、インテリな外国人相手に使うときの参考になります。

また、いくつかの例文にはブラックジョークも用いられています。(ex.「パラシュートが開かなかったと愚痴る人はいない」など)そのため、時折楽しみながら学習できるのもこの本の特徴です。

説明は少なめ

この本は、豊富な例文を通じて英文法の細部を理解させることに重きを置いているようなので、各文法事項の言葉での説明は少な目になっています。

そのため、高校の英文法を一通り身に付けていない人がこの本を読むと、挫折する恐れがあります。
本書を読むまえに、学校の授業や参考書などで高校英語を身に付けておくようにしましょう。

この本の使い方

この本は上級者の間で親しまれている名著です。主な使い方というと、英字新聞で分からない文法に出くわしたときにその本の該当箇所を見直すやり方などが挙げられます。

ただ、この本を大学受験生が使うとなるとちょっと厳しくなりそうです。
筆者は、ページをパラパラめくって、ブラックジョークの例文を探すという、読み物感覚の使い方をしていました。

>>Amazonレビューを見る<<

PICK UP!

スタディサプリ[PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

今なら無料登録で1ヶ月間無料&もれなくAmazonギフト券2,000円がもらえる!!