【合格を掴む併願パターン】先輩達の併願校とその合否を大公開!

goukaku-suppli_2015-10-19_10-30-21.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

さて、そもそも併願とは、2つ以上の学校や学部を受験することです。
第一志望だけを受験する人は実はとても少なく、実際はほとんどの人が浪人回避のために第二志望、第三志望を併願します。

今回は合格サプリメンバーの赤裸々併願事情をお伝えします。

併願の例

合格サプリ編集部員の併願例を見てみましょう。(赤文字は現在通っている大学)

国立大学と私立大学を併願する例

にわたんの場合

第1志望:東京大学 文科二類 (合格)
第2志望:慶応大学 法学部 (不合格)

国立大学と私立大学を受ける併願例です。
おそらく最も負担のかかる併願例ではないでしょうか。

国立大学のセンター試験と二次試験の勉強をしなければいけない他、私立の勉強もしなければいけません。
ただでさえ国立大学は受験科目が多いので、現役生にはかなりの負担になりそうです。

同じ大学内の、様々な学部を併願する例

竹の場合

第1志望:早稲田大学 社会科学部 (不合格)
第2志望:早稲田大学 教育学部 (合格)
第3志望:早稲田大学 人間科学部 (不合格)
第4志望:上智大学 文学部 (不合格)
第5志望:立命館大学 産業社会学部 (センター利用で合格)
第6志望:明治大学 経営学部 (合格)

国立大学の前期試験は、一つの大学・学部しか受けることが出来ません。
しかし私立大学はいくつでも受けることが出来ます。
竹さんのこの例では、早稲田大学に行きたいという思いから、3つの学部を併願していますね。

また、他にもセンター利用を使って合格を勝ち取っている大学もあります。

様々な大学の、似た学部を併願する例

やすの場合

第1志望:東京大学 理科一類 (不合格)
第2志望:慶応大学 理工学部(合格)
第3志望:早稲田大学 基幹理工学部 (合格)
第4志望:慈恵医科大 医学部 (不合格)
第5志望:東京理科大 理工学部 (合格)

やすさんは工学部系に進みたかったということがこれから分かります。
このように、併願するにしても、大学にただ合格すればいいという訳ではなく、自分の興味分野に沿って何らかの一貫性を持たせている人もいます。

同じ大学で同じ学部の、様々な学科を併願する例

mitsukiの例

第1志望:東京外国語大学 英語専攻 (不合格)
第2志望:早稲田大学 文化構想学部 (合格)
第3志望:早稲田大学 国際教養学部 (合格)
第4志望:上智大学 文学部 新聞学科 (合格)
第5志望:上智大学 文学部 英文学科 (合格)
第6志望:早稲田大学 文学部 (不合格)

mitsukiさんが合格サプリに入ったのは文章を書いたりすることに興味があったからだそうなのですが、大学受験も興味分野で受験していることがわかりますね。
面白いのは、最終的に第2志望だった文化構想学部ではなく、第3志望の国際教養学部を進路に選んでいる点です。
最後まで悩んだ結果、留学に行ける国際教養学部を進路を選んだそうです。

また、上智大学は同じ学部でも学科ごとに試験を受けることが出来ます。その制度を利用し、mitsukiさんは文学部の中でも二つの学科を受験していますね。

次ページ:センター利用で併願する場合は?

PICK UP!

進研ゼミ高校講座 [PR]

約9万問の入試分析が生んだ厳選テキスト!
今なら資料請求で「高校講座」の授業対策、定期テスト対策、入試対策を無料で体験できます。