大学生の恋愛事情〜大学内ではどこで出会うの!?〜

goukaku-lab_2015-06-22_17-17-02.jpg

「間近に受験を控えた今は恋愛なんて御法度。受かってからすればいいさ」この時期、そう考えてストイックに机に向かう受験生は多いはず。長い長い受験を、じっと我慢して待つ。今乗り切れば、必ず後にバラ色のキャンパスライフが待っているはずです。では、大学生って一体どんな恋愛をしているのでしょうか?

出会い

どんな素敵な恋も、思い出したくないような悲恋も出会いがなければ始まりません。高校までとはひと味違う大学生活では、どんな出会いの機会が待っているのでしょうか。

クラス

クラスでの出会い

多くの大学では、学生は入学するといくつかのクラスに分けられます。
高校と同じとも思われるかもしれませんが、大学では履修する授業を自身で選べるので、同じクラスといっても学校生活はばらばらです。
だから高校時代ほど級友との結束は強くなりません。
しかし、新学期と期末試験の後にはこのクラスのメンバーで「クラコン」と呼ばれる飲み会が催されます。(クラスコンパの略)

クラスの結びつきが弱い分、この時の出会いは新鮮に感じられる事が多いです。
「もう期末なのに話したこともなかった」という人もチラホラ。ここで仲良くなった相手と、夏から恋に発展するケースはかなりあります。人間関係の薄くなりがちな大学生活ではクラコンは滅多にないチャンスなのです。

サークル

同級生との繋がりの弱い大学生活において、唯一と言っていい濃密な人間関係を築ける場、それがサークル活動です。
この合格ラボを運営している合格サプリ編集部も、一つのサークルです。

出会いの確率も一番高く、そのためにサークルの内容はどうでも良くてただ単に恋を求めて参加する動機の不純な人達も多いです。
サークルでは飲み会はもとより、何らかの大会に出るために一致団結で頑張ったり、数日間にも及ぶ合宿があったりとイベントに事欠かず、メンバーとは公私の区別を越えた関係になりやすいです。

また、殆どのサークルでは他大生でも受け入れてくれるため、他大のサークルに入れば、人脈をかなり広げることが出来ます。
サークル活動は恋が芽生えるに申し分のない環境なのです。
一言でサークルと言っても定番のテニス・スキーだけでなく、例えば「モーニング娘。を研究する会」など異色なものまでバリエーションは豊富です。

恋愛に限らず、先輩が学校の事を色々と教えてくれたり、テスト前には過去問を流してくれたりといろいろメリットが大きいです。大学生活を豊かにするためにも、サークルには加入しておいたほうがよいかも…。

文化祭

毎年秋ごろになるとどこの大学でも学園祭が開かれます。
単に学校のお祭りといっても、ミスキャンパスが女子アナの登竜門となっているように、大学は外に対してオープンで社会との結びつきも強いです。
そのために、高校までのそれとは規模が桁違いだ。慶應大学の学園祭は、来客数が四日間で20万人にもなるといいます。地方の中都市の人口くらいです。
それだけの人間が集まるので当然キャンパスは熱気に包まれています。このお祭り気分の中で、他校からの学生が客としてやってくるなど新たな出会いが生まれるので、当然恋に発展しやすいです。

大学生にとって、学祭期間中はとっても刺激的な日々なのです。

終わりに

もちろん、大学内、例えばバイトや友達の紹介でのお食事会で出会うということもあります。しかしやはり一番多いのは大学内での出会いだと思います。
みなさんも大学生になったら多いに恋愛を楽しんで下さいね!