大学受験、当日はこんな風に進行します〜青山学院大学編〜

goukaku-lab_2015-06-23_17-49-31.jpg

アクセス編

山手線、東横線、井の頭線、銀座線、半蔵門線が「渋谷駅」に乗り入れており、渋谷駅は非常に交通の便がいいです。
渋谷駅の官益坂方面の出口を出ると東口ターミナルがあります。そのまま官益坂をひたすら登れば受験会場、青山学院大学です。

渋谷という場所柄、ファッションビルやその他の誘惑が多く立ち並びますが、受験時は目もくれず集中して歩こう。
また、あまり知られていないことですが、銀座線、千代田線、半蔵門線が通る表参道駅からも青山キャンパスに行くことができます。こちらも利用してみる価値はありそうです。

他の私立大学より道案内が少なく感じられますが、道がはっきりしているので不安になるほどではないという声も。
東京に来たことがある人なら、誰もが一度は下りたことのある渋谷。比較的安心して受験会場へと向かえそうです。

受験会場編

試験会場には、服装や髪形が派手な人、つまりチャラ男と呼ばれている人が他の受験会場より多い印象です。
これは、若者の街である渋谷にキャンパスが近いことも理由のひとつかもしれませんね。
友達やカップルで受験している人が多く、試験の合間の休み時間は、まるで高校時代の教室のように賑わっているという声もありました。
昼休みに集中して勉強したい人は耳栓などを持っていきましょう。

受験教室によっては、トイレがない棟もあるそうなので、トイレを探している間に休み時間がなくなってしまうことがないように、試験が始まる前にトイレの場所を確認しておいた方が心強いですね。