運動会・文化祭は楽しみながら成績を上げるための、秋からの勉強法

goukaku-lab_2015-09-06_11-03-23.png

長かった夏休みも終わり、受験もこれから中盤戦ですね。

この季節は運動会、文化祭などの学校行事も多く、勉強から気持ちが離れがちな時期です。

「夏休みは、夏期講習に自習に頑張ったから、私は大丈夫!」と気を抜いているそこのあなた!ライバルたちに一気に差を縮められて、後悔することになりますよ。

そこで、今回は、この時期から冬休みまでに押さえておきたい必須科目の勉強法を紹介します!

学校行事を存分に楽しみながら、押さえるべきところを押さえて、これから来る冬休み、そしてセンター試験にしっかりと備えましょう。

英語

英単語・文法の基礎固めをしっかりと!

新しい参考書には手を出さず、今まで使ってきた単語集や文法書を使って、英単語・文法の基礎固めをしっかと行いましょう。

この時期に他の参考書に手を出して、結局時間が足りずにどの参考書の内容も身に付かなかった、ということにならないよう、今自分が使っている参考書を信じて、何度も何度も反復し暗記しましょう。

その一冊を完璧にこなしたことが、自分への自信にも繋がりますよ!

長文読解の問題演習を始めよう!

英単語や文法の暗記と並行して、長文読解の問題演習も始めましょう。

英語に力を入れてきて、入試英語の文章がすらすら読めると自信がついてきた人は、過去問をそろそろ始めても良い時期です。

しかし、基礎がしっかり固まっていない状態で長文読解に取り組んでも実力が付きづらいので、基礎固めの時間も十分にとっておくのが得策です。

毎日のリスニング・音読を習慣化しよう!

英語は毎日リスニング・音読をすることで、リスニング力だけでなく英語に対する勘も養えます。

学校の教科書や市販の問題集で、英語の音声とスクリプトがセットになっている教材を使いましょう。オススメの勉強法は、寝る前に、5分程度の英文を聞き、そのスク

リプトを5分間音読する方法です。時間がなくても寝る前のちょっとした時間を使って続けられますよ。

数学

数多くの様々な問題を解こう!

この時期は、様々な解法を使って数多くの問題を解くのが、さらに成績を伸ばすコツです。

数学に自信のある人は、志望大学の過去問を解いてみるのもオススメです。

過去問は広い範囲の問題が出題されるので、自分の数学の知識の穴を見つけやすいです。

また、各予備校の出している過去問集は解説も詳しく書かれているので、たとえ解けなくても、解説を読めばさらに数学の理解が深まります。

問題の「パターン」を意識して勉強しよう!

数学の問題演習は、まず自力で解いてみます。10分経っても、解法の指針すら浮かばなかったら、迷わず解説を見ましょう。

このとき重要なのが数学の問題特有の「パターン」を意識しながら解説を読むことです。

なぜこの問題では、この解き方を選んでいるのか、この解き方にどのようなメリットがあるのか、それをじっくり読んで理解できれば、たちまち成績は伸びていきます。

数学が苦手な人は、全分野の基礎問題をおさえよう!

数学が苦手な人は、『チャート式』などの問題集を使って、自分のレベルに合わせて、問題演習をしていきましょう。

好きな分野だけやって、苦手な分野はやらない、ということはせずに、全分野の問題をまんべんなく解き、基本的な公式や解法を理解することが大切です。

少しずつ解ける問題が増えて、着実に成績が上がり、数学を学習するモチベーションが上がりますよ。

国語

現代文はセンター対策をお早めに!

現代文は成績が伸びづらいので、日々の授業や宿題にしっかり取り組んでいきましょう。

センター試験の現代文は、特有の設問や解法があるので、参考書を一冊用意して、選択肢の選び方のコツを習得しましょう。

慣れさえすれば、あっという間に解けるようになるはずです。

記述式の問題は先生に添削してもらって、自分の文章の悪いクセを見つけて修正するようにすると良いです。

古文は単語・文法の暗記をして、問題演習に移ろう!

単語・文法を早めにマスターして問題演習に移りましょう。

問題演習は、問題集に出てきた文章を自力で訳してみて、解答の全訳と見比べて、穴を無くしていく方法がオススメです。

分からない単語や文法が出てきたら適宜、教科書や単語帳をチェックして覚えるようにしましょう。センター試験の古文は文章が難しいので、応用演習の材料にもなりますよ。

漢文も、基本事項を暗記して、問題演習に移ろう!

古文と同じく、句法と、頻出の漢字の読み・意味を早めにマスターして問題演習に移りましょう。

問題演習は、まず問題を解き、答え合わせをしたら、その後全文を書き下して訳すようにしましょう。

訳しながら、知らなかった句法、漢字の読み方に出会ったらノートに写し、声に出しながら覚えることを忘れずに。

地道な作業ですが、続けることで点数も着実に伸びてきます。