【部活生必見】部活を引退まで続けた3人の成功・失敗例から見る、文武両道のやり方

goukaku-lab_2015-09-10_09-06-52.png

多くの人が何らかの部活に入っていると思います。しかし、一番だめなことは部活があるということを理由にして勉強を怠ることです。みなさんは大好きな部活を続けながら、なおかつ第一志望に合格したいでしょう。

きっと部活を続けながらでも勉強する方法はあるはずです。まずは三人の先輩の声から理想はどのパターンか考えてみてください。

ダラダラ派?
部活をしている時から、ついついダラダラと勉強に向かってしまい、部活を引退してからも思うような結果がでないタイプ。

慶應義塾大学商学部(一浪) 鹿児島県K 高校出身 サッカー部

私は3 年生の11 月まで部活を続けていましたが、部活を続けている間は部活を言い訳にして勉強から遠ざかりがちでした。また、部活を引退してからも上手く切り替えができず引退時期が遅かったせいもあって、そのまま入試に向かってしまいました。

その結果、一浪しなければならなくなりました。部活をしながらでもコツコツと勉強しておけばよかったと結果が出てから気づきました。

自分が本当に行きたい大学に合格するために浪人することは決して悪いことではないと思います。しかし、現役の時にしっかりと勉強していなかったせいで浪人しなければならなくなることほど後悔することはありません。もし自分がこの状態であると思ったならば、今すぐにでも部活と勉強への姿勢を改めるべきです。

スパート派?
部活をしている時はさほど勉強に集中していなかったが、引退後にかなりの集中力で勉強に励み成績が急上昇するタイプ。

明治大学商学部 神奈川県K 高校 ソフトテニス部

私は3年生の6月まで部活を続けていました。部活をしている時はあまり勉強ができていませんでしたが、引退した時に今のままではまずいと危機感を持ち、それ以降は今までの自分とは別人であるかのように勉強しました

でも12月ごろになっても第一志望の大学の合格レベルに自分の学力が届かず、その大学を諦めざるをえませんでした。部活をしていたときでも、少しずつ勉強をしておけば良かったと後悔しています。

もちろんこの先輩のように部活をやめてから一気に勉強をはじめるスパート派の人はいます。しかし、部活を引退してからすぐに勉強に意識を切り替えられる人はあまり多くないというのが現実です。

私自身も野球部を7月に引退して以降、夏休みの間はなかなか気持ちを切り替えられることが出来ませんでした。だから、「部活が終わってからでいいや」という楽観的な考え方を持つべきではないです。今できることは今やることが大切です。

コツコツ派!!
部活をしていたころからコツコツと勉強をしており、もちろん引退後も継続的に勉強を続け、自分が思い描いた結果を残すタイプ。

京都大学工学部 兵庫県H 高校出身 野球部

私は3年生の7月まで部活を続けていました。私は先輩方が思うような結果を出せていない姿を見ていたので危機感をもって、部活がある頃から少しずつでも毎日、勉強するようにしていました。

私の場合、家ではあまり集中できなかったので休み時間のうちにできる限り宿題を終わらせるようにしていました。この甲斐あって、現役で第一志望の大学に合格することができました。

まとめ

さて、この三人の先輩の例を見てみなさんはどのパターンが理想だと思いましたか?
おそらく部活をしていたころからコツコツと勉強する「コツコツ派」が理想的だと考えたのではないでしょうか?

部活をしている間からもっとコツコツと勉強しておけばよかったと大きく反省する人は少なくありません。「あのときにもっと頑張っていれば。」「あの時に少しでも継続していれば。」といった後悔を皆さんには絶対してもらいたくありません。

そこで次ページではコツコツ勉強するためのコツをご紹介します。

次ページ:気になるコツコツの実践方法とは