【記憶力アップ】食事による脳内革命!手軽に作れる「アホエンオイル」が最高にうまい!

goukaku-lab_2015-08-31_11-14-04.jpg

今回は、魚に含まれるDHAのように、お手軽に摂取できる頭に効く食べ物はないだろうかと思いググってみました。(余談ですが、日本のググるという略語は、フランスでも同じ言い方をするそうです。)

すると、アホエンオイルという、賢くなるのとは程遠そうな名前の調味料の作り方を発見しました!

もちろん、実際は非常に頭に効くらしいです。効用としては、主に物忘れ防止があげられます。記憶力アップってことです。

ちなみに、アホというのは、ajoというスペイン語を発音した際の日本語読みですので、阿呆とは異なることを先に明記しておきます笑。

アホエンオイルの作り方

用意するもの

○にんにく 2片
○オリーブオイル 100cc
○耐熱ガラス瓶(ボールで代用できます) 1個

作り方

1.生ニンニクを細かく刻みましょう。猫手でお願いします。

2.鍋に水を入れ火にかけます。沸騰したらその中に、オリーブオイルを入れた耐熱ガラス瓶(ボール)をつけます。油が十分に温まったら、先ほどの刻みにんにくを入れてすぐにフタをします。

この間、1時間くらい待ち時間が生まれるのでバナナやチョコレートを摂取してもかまいません。どちらも脳の活性化を促します。

3.冷めるまで待ちましょう。この間、アホエンが発生するというわけです。

4.にんにくを完全に濾して、油だけ抽出しましょう。適当な瓶につめて完成です!

どんなものにかければ美味しい?

実際にどのような料理にかけるといいかを調べてみるとサラダや炒め物と書いていたので実証してみました。

豚キムチ風野菜炒め

豚キムチ風野菜炒め

引用:http://www.ebarafoods.com/recipe/detail/recipe386.php

正直、濾していたときのにんにくの強烈なにおいからして、オイルをかけるのは非常に憚られました。

そして、当企画は失敗(不味いので却下)に終わるのでは・・・そんな不安を抱えつつ、挑みました。しかし!!

意外な事にコレが大ヒット!格段に味のレベルがあがり、至上最高の豚キムチになってしまいました。

サラダ

アホエンオイル サラダ

引用:http://yogawa.com/post-1900

これは期待できる。確信を持った僕たちはドレッシングをかけたサラダに、オイルを少量たらしました。写真を見ればおいしさが伝わると思います。

口に含んだ瞬間、あまりのおいしさに思わずふきだしてしまいそうになりました。

納豆

納豆

引用:http://matome.naver.jp/odai/2143829336436025801/2143829802537927203

ここまでおいしいと、もはや不味い可能性を排除していた僕たちは、精一杯納豆を混ぜました。

しかし、意外にも普通な味のものもあるのだなぁという、平凡な会話が繰り広げられたので、味に関する講評は割愛させていただきます・・・笑。

終わりに

今日一日で、大量の頭のよくなる食べ物(アホエンオイル、豚肉、バナナ、チョコレート、納豆)を摂取しました。

しかし、僕たちはおいしさのあまり、アホエンオイルを規定値以上胃袋の中へいれたせいか、体にはその刺激臭が染み付き、頭はすっきりしましたが、気持ちはあまりすっきりしませんでした。

みなさんは節度あるアホエンオイルの摂取を心がけましょう。是非、試してみてください。