大学生の1日&大学生の1年間~早稲田大学と上智大学の例~

goukaku-lab_2015-08-11_09-52-53.jpg

高校と大学の違いについてはいくつかご紹介しましたが、大学生は実際どのような生活を送っているのでしょうか?
サークルに明け暮れる人、バイトをいくつも掛け持ちしている人、就活に向け予備校に通っている人など様々な人がいます。
大学生によってその生活は違いますが、その一例として大学生の1日と1年間をご紹介します。

早稲田大学2年 政治経済学部国際政治経済学科 A.Kくんの場合

埼玉県出身 渋谷区在住
テニスサークル所属
アルバイトはファーストフード店

これは僕の毎週木曜日の予定で、1週間の内で最も忙しい1日です。毎日の平均授業数は3コマ程です。
僕は将来、海外で働きたいと考えているので大学では英語に力を入れて勉強しています。夏休みはイギリスのオックスフォードに短期留学しました。1ヶ月という短い間でしたが、本場で学ぶ英語は、日本で机に向かって勉強していては受けられない刺激も多く、有意義な夏休みとなりました。また、自分の英語力も未熟さを再確認する良いきっかけにもなり、英語をマスターしたいという意欲が以前にも増して沸くようになりました。

アルバイトはファーストフード店でしていて、だいたい週3回シフトに入っています。テスト前などはシフトを減らしてもらっているので、授業との両立に悩んだことはありません。
サークルはテニスサークルに入っています。彼女ともこのサークルがきっかけで出会いました。

1日の日程

07:45  起床
08:00  朝食・準備
08:20  大学に出発
09:00  一限開始 マクロ経済学
12:20  サークルのミーティングをしながら昼食
13:00  3限開始 化学方法論
14:30  3限終了 図書館に移動
14:40  図書館で英語の課題(4限開始時刻)
16:10  (4限終了時刻)
16:20  5限開始 フランス語
17:50  5限終了 アルバイト先へ移動
18:30  アルバイト開始
23:00  アルバイト終了 自宅へ向かう
23:40  帰宅 入浴
00:10  パソコンをチェックする
01:05  彼女と電話する
02:15  英語の課題をする
02:45  就寝

上智大学2年 文学部フランス文学科 S.Kさんの場合

香川県出身 千代田区在住
バスケットボールサークル所属
アルバイトは塾講師

わたしが1年生だったときの1年間の日程です。入学したばかりの頃は一人暮らしを始めたこともあって不安も多かったですが、4月の始めにあるオリエンテーションキャンプですぐに友達もでき、大学生活が楽しくなりました。
授業は、始めて学ぶフランス語にとても手こずりましたが、ある程度基礎が分かると英語を勉強した時の要領で予習復習をきちんとこなせば、授業もすんなりと理解できるようになりました。

夏休みになった8月からアルバイトを始めました。7月と1月にある期末テストの時期になると大学全体が少しピリピリとした雰囲気になりますが、それを越えれば長期休暇なので、それを目標に頑張れます。
サークルは季節の行事に合わせてクリスマスパーティーなどが開かれるので毎回参加しています。勉強の息抜きにもなるし、友達がたくさんできるので楽しいです。

1年の日程

 4月 1日  入学式
    2日  新入生ガイダンス・英語クラス分けテスト
    5日  オリエンテーションキャンプ
   12日  授業開始
   13日  履修登録
 5月 7日  サークルの春合宿(2泊3日)
 6月10日  中間テスト開始
 7月 3日  サークルのバーベキュー
   23日  期末テスト開始
 8月 1日  夏休み開始
   16日  サークルで花火大会
   20日  実家に帰省
 9月10日  東京に戻って来る
   25日  サークルの夏合宿(5泊6日)
10月 1日  後期の授業開始
    2日  履修登録
11月 1日  ソフィア祭(学園祭)
   28日  中間テスト開始
12月15日  サークルのクリスマスパーティー
   23日  冬休み開始
   28日  実家に帰省
  1月4日  東京に戻って来る
    5日  授業開始
   26日  期末テスト開始
  2月4日  春休み開始

いかがでしたか?ぜひ先輩の大学生活を参考に、自分の大学生活を思い描いてモチベーションを高めてみてください!