3ステップで伸ばせ! 最短距離のセンター英語リスニング勉強法

goukaku-suppli_2015-11-25_15-44-50.png
この記事は 2016年06月28日に更新されました。

こんにちは!! ライターの竹です。

センター試験まであと50日を切りました。

勉強は順調に進んでいますか??

思ったように成績が伸びずに焦っている受験生もいることでしょう。

その中でも英語のリスニングを放置してしまっている受験生も多いかと思われます。

かくいう僕自身もリスニングを浪人時代の12月まで放置してしまっていました。

英語、特にリスニングは勉強がしにくい!

英語という科目は性質上、理科や社会などの暗記系の科目とは違い短期間で、成績が上がることは難しい科目とされており、
どうすれば良いのかと頭を悩ませている受験生も多いと思います。

しかし、筆記では文法問題やアクセントなどの暗記で短期間で伸ばせる要素も多少はあります。
筆記についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、こちらもぜひ読んでみてください。

一方、リスニングに関してはそういった短期間での暗記では対応できません。

さらにリスニングはその中でも配点が50点分もあるので、これを落としてしまうのは国立志望の受験生にとっては相当痛いでしょう。

スポンサーリンク

短期間で伸ばすリスニング勉強法

今回は、僕が塾の恩師から教わった短期間で伸ばせる必要最低限なリスニング対策を紹介したいと思います。

ちなみに、使用する問題集はセンター試験の過去問でもマーク形式問題集でも、どんなものでも構いません。
しかし、スクリプト(放送音声の本文)が解答・解説に掲載されている問題集を使用しましょう。
理由はこの後説明いたします。

step.1 まずは普通に解く

先述のような問題集で3回くらいを目安に普通に解いていきます。
そして、答え合わせをします。
その3回分の正答率が現在の自分の実力です。

step.2 音読をする

次にスクリプトを見ながら10回ほど、音読をします。
聴こえた通りにできるだけ正確に発音できるようにシャドーイングという方法で、音声の後を追いながら発音しましょう。

どういう風にすればいいのかわからない人は、以下の動画(クリックすると40秒弱の動画が開始します)を参考にしてみてください。

step.3 聴いた音声を書き取りをする

何も見ないで、音声を聴きながらスクリプトの書き取りをします。
問題集の音声を聴いて内容を聞き取れるようにしましょう。

以上、1から3までの手順を繰り返してください。
普通にリスニングをして内容が聞き取れるようなレベルまで、
これをセンター当日まで毎日繰り返してください!!

最後に・・・

リスニングは筆記の文章よりも単語や文章が簡単なので、そのレベルでは苦労することはないでしょう。
センター試験まで残りわずかですが、諦めずに頑張ってください!!

センター試験の筆記の点数を上げる方法はこちら記事をご覧ください!!

PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!