【古典文法】接続助詞「ば」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

みなさん、こんにちは。
今日は接続助詞「ば」を学んでいきましょう。

接続助詞「ば」

助詞 文法的意味 訳し方 接続
1.順接の仮定条件
2.順接の確定条件
 a.原因・理由
 b.偶然条件
 c.恒時条件
1.もし〜ならば
2a.〜ので、〜から
2b.〜と、〜ところ
2c.といつも、と必ず
1.未然形に続く
2.已然形に続く
順接の仮定条件か、確定条件かは未然形に接続しているか、已然形に接続しているかで決まります。文脈で判断することが難しいことも多いので、文法から判断するようにしましょう!

1.順接の仮定条件

例:悪人のまねとて人を殺さ、悪人なり。(徒然草・八五)(もし悪人の真似といって人を殺したならば、それは悪人である。)

2.順接の確定条件

a.原因・理由
例:四日、風吹け、え出で立たず。(土佐日記・一月四日)(四日、風が吹くので、出立することができない。)

b.偶然条件
例:それを見れ、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。(竹取物語)(それを見ると、三寸ほどの人がたいそう可愛らしい様子で座っていた。)

c.恒時条件
例:瓜食め子供思ほゆ栗食めまして偲ばゆ(万葉集・巻五)

順接の確定条件の3用法の区別の仕方は文脈で決まります。前後の文脈からしっかり意味を判断するようにしましょう。

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

スタディサプリ(旧受験サプリ) [PR]

月額980円でスマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題!
GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1・2年生向けの通年講座もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

ましゅー

現在、東京大学法学部在学中。趣味は筋トレと古文。古文の世界観が好きで今でも源氏物語などの古典を現代語訳で読む。