関係副詞 「where」 ~英文法単元別解説~

関係代名詞「who」 ~英文法単元別解説~

はじめに

今回は、関係副詞whereについて解説します。

スポンサーリンク

関係副詞whereとは

次の例文を見てみましょう。

I met him in the park yesterday.This is the park.

私は昨日、その公園で彼に会いました。ここがその公園です。

この二つの文章は、関係副詞「where」を用いて、次のように書き換えることが出来ます。

This is the park where I met him yesterday.

ここは、私が昨日彼に会った公園です。

ここでは、the park が先行詞として働き、where I met him yesterday の節が the park を修飾してます。

関係副詞whereは「場所」「場合」を表す先行詞に対して使います。

「場所」を表す先行詞

良く使われるのは place ですが、他にも house や park 、town など様々です。

「場合」を表す先行詞:case

場合を表す先行詞は、casesituation以外ほとんど使われないので、個別に覚えてしまいましょう。

There are some cases where the rules don’t apply.

その規則が当てはまらないケースがいくつかあります。

関係副詞と関係代名詞の見分け方

ここで問題です。次の文章の空欄に当てはまる単語( 1語 )は何でしょう。

This is the place (  ) I like the best.

ここは、私の一番好きな場所です。

先行詞は the placeです。「先行詞が場所だから、答えは where 」と早とちりした人はいませんか。正解は関係代名詞whichです。

ここでは関係代名詞と関係副詞の違いを確認しましょう。

whereの後には完全文が来る

関係代名詞whichと関係副詞whereを使った二つの文章を見比べてみましょう。

1.This is the place which I like the best.
2.This is the park where I met him.

関係代名詞whichと関係副詞whereの後に注目です。

1の「I like the best」は目的語の欠けた不完全文ですが、2の「I met him」は主語・動詞・目的語の揃った完全文です。

一般に、関係詞の後に

不完全文が来るとき→関係代名詞
完全分が来るとき→関係副詞

となります。

関係副詞whereの言い換え

関係副詞whereは、関係代名詞を用いて言い換えることが出来ます。

前置詞+which

This is the restaurant in which I ate dinner last week.

ここは、先週私が夕食を食べたレストランです。

ここでは、restaurant が先行詞として働き、in which 以降の文が restaurantを修飾しています。

that

関係副詞whereの代わりに that を使うこともできます。

The hotel that he stayed can be seen from here.

彼が泊まったホテルがここから見える。

先行詞の省略

関係副詞を使った文章では、先行詞が省略されることもあります。

My house is very far from where he lives.
私の家は彼が住んでいるところからとても遠い。

ここでは、from と where の間にある先行詞 the place が省略されています。

関係副詞whereの継続用法

カンマ+関係副詞where

先行詞の後に、「,+関係副詞の文」を続けることで補足説明を加えることが出来ます。

I went to the book store, where I bought some books.

私は本屋に行って、そこで何冊か本を買った。

まとめ

関係副詞whereは、関係副詞の中で最もよく使われる言葉です。英作文でも使用する頻度が多いので、使い方をしっかり押さえておきましょう。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!