勉強に睡眠が必要不可欠な理由と、受験生におすすめの睡眠時間

goukaku-suppli_2015-10-23_08-21-50.jpg

はじめに

睡眠時間を削ればたくさん勉強できる!と思ってしまう危険

受験勉強はなかなか予定通りに進まないもの。
思っていた以上にやるべきことが多く、自分の決めた期限までに参考書が終わらなかったりすることもしばしば。

そんな時、多くの受験生がまず行おうとするのが、睡眠時間を減らすこと。

単純計算で睡眠時間が減った分、日中の活動時間は増えるからです。
確かにどうしても翌日までに終わらせたいことがあるときなどは、こうした方法は使えます。

深夜勉強の方が意外とはかどるんじゃないのか!?という錯覚

また、定期試験が近づいてきていよいよもって時間が足りない時、夜更かしして勉強するという人は結構いるのではないかと思います。

しかも深夜は日中に比べてテレビや外の娯楽といった誘惑が比較的少なく、家も静かになるので、勉強がなかなか進みます。

「深夜勉強の方が意外とはかどるんじゃないのか!?」

そんな風に思っていると、夜型生活に変えて勉強を続けた方が最終的な成績は上がるのではないかとさえ思えてきます。

しかしこれを日常的に行うものとして考えた時、はたして有効な勉強方法と言えるのでしょうか?

夜型の勉強は相応しくない!

しかし、結論から先に述べてしまうと、日常的に勉強を続ける高校生の皆さんにとって夜型の勉強はふさわしくありません。

そのことをこれから説明していきますが、それにあたって、まず人間の「睡眠」と「記憶」について、少し説明をします。

睡眠の仕組み

人間の睡眠には深い眠り「ノンレム睡眠」と、体は休んでいても脳は目覚めている「レム睡眠」があり、役割はそれぞれ異なります。

ノンレム睡眠時は細胞の新陳代謝を高めたり、免疫力を強化する活動が行われています。
一方、レム睡眠時はその日に脳が得た莫大な情報の整理をすると考えられています。

つまり、レム睡眠は記憶や感情を整理し、その固定や消去を効率よく行っているため、記憶に深い関係があるのです。

通常は約90分周期でこの2種類の睡眠(ノンレム睡眠とレム睡眠)が繰り返され、4〜5回繰り返されたところで朝の目覚めを迎えます。

記憶の仕組み

では次に、記憶の仕組みについてご説明します。

まず人間は、日中に覚えたものは海馬という部分に蓄えます。

この海馬に保存された記憶は非常に不安定です。
不安定というのは、忘れやすかったり、他の似た記憶と混同されたりするということです。

この状態を、短期記憶と呼びます。短期記憶という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

当然、短期記憶のままだと、いつ忘れてしまうか分かりません。
ですから、短期記憶をしばらくの間忘れない記憶の状態、つまり長期記憶に変える必要があります。

では短期記憶を長期記憶に変えるにはどうするのか、それが睡眠をすることなのです。

睡眠時間になると、海馬に保存された記憶は大脳新皮質という部分へと移り、長期記憶になることで、安定化され、はじめて忘れづらい記憶となります。

人間が学習した内容をいつ記憶として定着させているか、それはまさに睡眠中なのです。

1.5時間×n時間寝ないと、レム睡眠は現れない

そしてこの記憶定着作業が行われるのは「レム睡眠」と呼ばれる浅い眠りの時間帯です。
『学習や記憶の効果を上げるにはレム睡眠の確保が重要。』という研究結果があるほど、レム睡眠は記憶の定着に非常に重要だと考えられています。

一般的に人間の睡眠は1.5時間周期で深い眠りと浅い眠りを繰り返し、この1.5時間の終わりにレム睡眠は現れます。

逆に言えば1.5×n時間は寝なければレム睡眠は現れません。(1.5時間、3時間、4.5時間、6時間…)

短期記憶を長期記憶にしたければある程度まとまった時間寝る必要があり、短眠を繰り返すのは勉強にはふさわしくないわけです。
また、レム睡眠が現れる頻度が多ければ多いほど記憶が定着するので、なるべく長い時間睡眠を取ることが重要なのです。

睡眠の仕組み

次ページ:睡眠時間を削ってはいけない理由