偏差値40から東大に合格した日本史の勉強法を紹介!

goukaku-suppli_2015-09-13_02-13-00.jpg

私は高校3年生の春まで、勉強をするという習慣がなく、将来のことを何も考えずにひたすら遊んでいました。

進学校ではないため、周りも当然のように大学進学のことなどなにも考えることなく、刻一刻と運命の分かれ道に近づいていました。
しかし、ふと将来のことを考えるととんでもない恐怖に襲われ、夜も眠れなくなるほど不安になっていきました。

「勉強さえやっておけばなんとかなる」そう、決意した私は、高校3年生の春、偏差値40から勉強を開始しました。

残された時間も少なかったので、いかに効率よく日本史が記憶できるか。
そしてそれをいかに応用できるか、を模索し続けました。

結果、センター試験96点、偏差値も最後の模試では60を超えた
、私の日本史の勉強法をご紹介したいと思います。

STEP1.日本史の流れをつかむ

まず、最初にとりかかるべきなのは日本史という長い長い時代の流れを知ることです。

一見、日本史は暗記科目のように思われがちなのですが、ただ覚えるのではなく、理解することがなによりも近道なんです。
とは言えど、教科書は難しい説明ばかりで気が滅入ってしまうので、おすすめなのは「石川晶康 日本史B講義の実況中継」です。



石川晶康 日本史B講義の実況中継

簡単で理解しやすい言葉で書いてくれている実況中継は、受験の当日まで私にとって欠かせない参考書でした。

最初の一周は覚えなくても大丈夫です。
ただただ、時代の流れを理解するために読んでみましょう。

ページ数の多い本な上に4巻まであるので、読み切るのは難しいと思われるかもしれませんが、頑張れば1日1冊読み切れます。

1週間ほどで全冊読み切ること
そして、全冊読み終えたら、2周目からは覚えることも意識しながら読んでみましょう。

3周ぐらいしておけば、おおよその流れを掴むことができるようになっているはずです。

次ページ:流れを掴んだあとにするべきことって?