ドラゴン桜式!英語が得意になる勉強法とその極意

goukaku-suppli_2015-09-23_08-33-45.jpg

皆さんは「ドラゴン桜」をご存知だろうか。落ちこぼれ高校生たちが、「東大なんて簡単に入れる」と断言する主人公桜木の指導により、東大合格を目指す物語だ。今から10年前に大流行し、ドラマ化もされた人気漫画である。

この物語に登場する英語講師のモデルであり、多くのベストセラーを執筆している超有名予備校講師・竹岡広信さん。

今回はこの受験界のカリスマに、英語学習の核心について問うてきた。

竹岡広信さんのプロフィール

1961年、京都府生まれ
洛南高等学校卒業
京都大学工学部卒業(1984)、同文学部卒業(1990、学士編入)
駿台予備校講師、竹岡塾主宰、洛南高校非常勤講師

ドラマ、漫画の「ドラゴン桜」に登場する英語教師のモデル。テレビ「プロフェッショナル仕事の流儀No.9」「豪腕コーチング」「学校へ行こう:洛南高等学校編」「特集:グレート・ティーチャー」インターネットテレビ「溜池now」などに出演。

英語は1つの言語

Q.英語を苦手とする学生が多いのはなぜでしょうか?

私自身、高校生の頃は英語が嫌いだった。というのも、数学のような教材と違い曖昧性が強いように感じたからだ。
例えば「term」のように多義のものや、「proper」と「appropriate」のように、日本語にすると同じ意味(「適切な」)になってしまうものがたくさんあり、その違いがわからなかった。

また、現在の英語教育では、言葉を活かせていないのも1つの理由だ。
例えば「鉛筆の芯」を英語で何というか知っている高校生は少ないだろう。
中学で3年間英語を学んでも、日常的に使っているものすら英語に直せないのは使える英語を教えていないからだと私は思う。

Q.英語攻略の秘訣はなんでしょうか?

私は英語が言語だと気づいたとき、英語がわかるようになった。
英語も日本語と同じ1つの言語だと常に意識しながら勉強することが英語を攻略する上での秘訣だ。

英語学習の秘訣は遠回り

Q.英語をのばすにはどうすればよいですか?

英語を本気でのばすなら、多読と多聴しかない。

やる気をなくすかもしれないが、本当に力をつけたいなら英文を1年で3000ページ分くらい読むことが必要だ。
だけど、やらされてする勉強は力にならない。探究心と楽しもうとする心を持って勉強することが大事である。

例えば「proper」と「appropriate」の違いはなにか、語源はなにか、そういった「なに?」「なぜ?」という探究心をもち、決して詰め込もうとせずに、むしろ遠回りするぐらいがいい。
それが結局は英語をのばすことにつながる。

また、語彙は能動的に覚えていくことが大事である。
目に入ったものや考えたことを英語に直してみて、わからなかったらすぐ辞書をひくくせをつけることをお勧めする。

また、英文を読むときはロジックを意識しながら読むことが肝心である。
日本人は同じ内容でも100人が100通りの文章を書くが、英語圏のある程度教養のある人はほとんど同じ筋道で文章を書く。

抽象的内容→具体的内容というのがその一般的な書き方である。
このことを意識しつつ英文を読み、または書いていくことが必要である。最初は英語が嫌いでも、面倒くさがらずに勉強していけば、好きになるきっかけはいろいろなところにあるはずなので、無理にでも自主的に勉強してほしい。

次ページ:ドラゴン桜のモデルになった人気講師が教える!受験の極意