「あなたの夏休み、本当にそれで大丈夫!?」後悔しない夏休みの五箇条

goukaku-lab_2015-07-03_05-49-49.jpg

不合格者と合格者の夏休みの使い方の違い~インタビュー編~はこちら

夏休みの過ごし方によって合否が分かれた二人の受験生。今回はこの二人の違いから分かる、「後悔しない夏休みの五箇条」を紹介します。

「後悔しない夏休みの五箇条」

一 余裕ある計画を立てよ

夏休みに向けてやる気がある時期には、ついつい無理な計画を立ててしまいがち。しかし、実際に計画を立てたときのモチベーションが最後まで続くとは限りません。計画を十分達成でき、さらにプラスアルファで何かをこなせるくらいの計画を立てれば、優越感も得ることができ、やる気が続くきます。

自分のやる気がなくなってきそうな時期に夏期講習を受講し、意識的にモチベーションを高めるのもいいかもしれませんね。

二 過去問を見据えた基礎を

入試問題を解けるようになるには、兎にも角にも基礎練習が肝心です。しかし、ただ量をこなせば解けるようになるというものでもありません。

まずは自力で過去問を解いてみましょう。もちろん、今の段階で解けなくても心配はいりません。解けたかどうかではなく、「入試問題がどのような基礎問題の集合でできているのか、今解いている基礎問題が実際の入試問題のどこに組み込まれそうか」を意識することが大切です。最終的なゴール地点が分かれば、今後の勉強もしやすくなるはずです。

三 朝勉強に精を出せ

夜のほうが、「あと数時間しかない」、「本当はもう寝ている時間だが自分はさらに勉強する」という気持ちがあり、やる気が出やすいかもしれません。

しかし、夜型勉強に慣れてしまうと「夜にならないとやる気が出ない」というようなことになってしまいます。学校の授業や実際の入試は夜には行われないので、これでは困ってしまいますよね。また、一日の始まりである朝にやる気をだして勉強したほうが一日がよりずっと充実したものになるはずです。

四 生活に緩急をつけよ

勉強はずっとだらだら続ければいいというものではありません。集中せずに長時間机に向かっているのなら、短時間でも集中して勉強した方がはるかに効率が良くなるはずです。時には思い切った休息を入れるのもいいでしょう。

また、時間をきっちりと決めてメリハリのある生活を計画通り過ごすことが出来れば、達成感でモチベーションもあがるはずですよ。

五 勉強日記をつけよ

勉強はやりっぱなしではとても効率が悪いです。「今日何をしたか、今日解いた問題のどこにポイントがあり、次回からはどこに気をつければいいのか」を寝る前にもう一度振り返ることで、記憶はずっと定着しやすくなります。

また入試直前期に今まで貯めてきた日記を読み返せば、「自分はこれだけのことをこなしてきたんだ」という自信にもつながるでしょう。

最後に

いかがでしたか。
この五箇条を忘れずに夏休みを過ごすことができれば、秋にはぐっと成績UPした自分と出会えるはずです。
後悔のない夏休みを過ごしてくださいね!