コアミーニングで覚える多義語まとめ

book-1798_960_720

こんにちは!合格サプリ編集部ライターのいとぅです!

受験生を苦しめる多義語。なかにはそれぞれの意味がてんでバラバラの単語もありますよね?

(なんでこんなに多義語作ったんだよ昔の人は…頭おかs)

ということで今回は大学入試でもよく出る多義語を、各意味の関連付けによって覚えていく方法を見ていきましょう!

コアミーニングが重要なワケ

例として run が使われた入試問題の英文を和訳してみましょう。

Soon I found that Robert was almost a necessity to the smooth running of the business. (東京大学)


→ビジネスの円滑な運営にロバートはほとんど不可欠な存在であったとすぐに分かった。

この例でも見たように、 run にはよく知られている「走る」という意味以外にも「経営する」という意味があります。

「走る」と「経営する」って全然繋がりませんよね?(あちこち爆走している経営者もいるかもしれませんが。)いったいどういう発想をすればこれらが同じ単語になるのか全く見当がつきません。

しかし、こんなにも意味が離れているように見えていても、コアミーニングを知ると実は繋がっていることに気付くのです!

コアミーニングとはその単語の中心的な意味です。まあ平たく言えばその単語がもつ「イメージ」ですね。すべての意味がコアミーニングから繋がっています。

例えば run のコアミーニングは「(ある方向に連続して)、すばやくなめらかに動く」です。

「走る」は自分の体を「すばやく動かす」、「経営する」は会社やお店を「すばやくなめらかに動かす」と考えれば自然ですよね?

このようにコアミーニングを覚えているとその単語の意味をすべて一語一句正確に覚えていなくてもちゃんと対応できるんです!コアミーニングすごい!コアミーニング万歳!

…それでは今回は run の他に、入試でよく出る5個の単語について、コアミーニングとそこから各意味を覚えるための考え方を紹介します!

(ちなみにこの5語はライター独自の基準で選びました。)

※全部の意味を紹介しているとキリがないので、入試でよく出る主な意味について紹介していきます。

スポンサーリンク

【long】の覚え方

意味

1.(adj)長い
2.(v)切望する

入試の例文

Taro longed for the familiar sights of Kyoto. (センター試験追試)
→太郎は見慣れた京都の風景を待ち望んだ

コアミーニング

(時間・距離などが)長い

解説

1.の「長い」は分かりますよね?まんまコアミーニングですし、中学生でも知っている意味です。

では2.の「切望する」となるとどうでしょう?あまり知られていない、というか一般的でないですよね。

そもそも「切望する」って日本語でもそんなに聞かない単語です。日常で「私はお昼ご飯を切望している」なんて言いませんよね。(よほどお腹空いていたら言うのかもしれませんが。)

「切望する」とは「強く望んで待ち焦がれる」ことです。

そう、待ち焦がれて時間が長く思えることから2.の意味ができたのです。

(…こじつけじゃねーかァァァァ!!)

【address】の覚え方

意味

1.(n)あいさつの言葉・演説
2.(n)宛名・住所
3.(v)話しかける
4.(v)扱う・とりあげる

入試の例文

The linguist addressed the question of what tag questions meant in context. (学習院大学)
→その言語学者は、文脈の中で付加疑問が何を意味しているのかという問題を取り上げた

コアミーニング

ことばを差し向ける(こと)

解説

一般的に知られているのは2.の「宛名」「住所」ですね。メールアドレスとも言いますし、英語で住所を書くときはaddressって書いてある欄に記入することからも有名です。

1.や3.、4.の意味は知らない人が多いですが、コアミーニングの「ことばを差し向ける(こと)」をおさえておくとよく分かりますよね。

聴衆に「ことばを差し向ける」から「あいさつの言葉・演説」、相手に「ことばを差し向ける」から「話しかける」、ある問題や事柄に対して自分の「ことばを差し向ける」から「扱う・とりあげる」といった感じです。

では2.の意味はどう考えればいいでしょうか?

「宛名」とはメールや手紙の送り先です。そう、メール・手紙(ことば)の差し向け先なのです!

「住所」もまた手紙などの送り先。そもそも住所が何に必要か考えてみてください。手紙(や荷物)を送る際、配達人に場所が分かるようにあるのです。つまり「ことばの差し向け先」ということになります。

次ページ:interestの覚え方