【古典文法】断定の助動詞「なり・たり」

【古典文法】願望の終助詞「てしが(な)・にしが(な)・もがな・がな」

こんにちは!ライターのありさです。

古典文法チェック&演習シリーズ、今回は断定の助動詞「なり・たり」を取り上げます。

「なり」には伝聞・推定、「たり」には完了・存続の意味もありますが、今回の意味は「断定」です。

ややこしいこの2つの助動詞、しっかり覚えてしまいましょう!

断定の助動詞「なり・たり」の活用

基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
なり なら なり(に) なり なる なれ なれ

活用は形容動詞ナリ活用です。

連用形の使い分け
なり…「き」「けり」「けむ」「つ」を伴うとき。
に…「にて」「にして」「にか」「にや(あらむ)」「にもあらず」等の形で用いられるとき。
基本形 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
たり たら たり(と) たり たる たれ たれ

活用は形容動詞タリ活用です。

スポンサーリンク

断定の助動詞「なり」の意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
なり 1.断定
2.存在
1. ~だ、~である 
2. ~にいる、~にある
体言・連体形に接続

1. 断定

道長が家より帝・后立ち給ふべきものならば、この矢あたれ(大鏡・道長伝)
(道長の家から帝や后がお立ちなさるはずのものならば、この矢、当たってくれ)

勝たんとうつべからず、負けじとうつべきなり(徒然草・一一〇段)
(勝とうとして打つのではなく、負けまいと打つべきである。)

2. 存在

御前なる獅子・狛犬背きて、後さまに立ちたりければ(徒然草・二三六段)
(御前にある獅子と狛犬がお互いに背を向けて後ろ向きに立っていたので)

断定と存在の訳し分け
直前に場所・方角を示す体言がある場合のみ、存在です。

断定の助動詞「たり」の意味・訳し方・接続

助動詞 文法的意味 訳し方 接続
たり 1.断定 1. ~だ、~である  体言に接続

1. 断定

しかるを忠盛備前守たりし時(平家物語・殿上闇討)
(さて、忠盛が備前守であった時)

五日のあかつきに、せうとたる人、ほかより来て(蜻蛉日記)
(五日の夜明け前に、兄弟である人がよそから来て)

「たり」は漢文、和漢混淆文、軍記物、俳文等で用いられます。
「たり」の識別
体言+「たり」→断定
連用形+「たり」→完了
※形容動詞の語尾活用の場合もある。

次ページ:実際の問題で確認してみましょう。

PICK UP!

Z会の通信教育 [PR]

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。
教材のサンプルをもらえるので無料で資料請求してZ会の教材の質を自分の目で確かめてください!