【お部屋探し特集】家の近くに欲しい施設Best5

goukaku-suppli_2016-02-14_10-15-49.png

大学に入学する際、一人暮らしを始める方も多いでしょう。
そんな時、重要なのが「お部屋探し」。
どんな部屋に住むかによってその大学生活が大きく決まるといっても過言ではないでしょう。

そこで今回は、一人暮らしをする際に「家の近くに欲しい施設」をランキング形式でご紹介します。
この記事を読んで、どの部屋にするか選ぶ際の参考にしてください!

第5位 郵便局、銀行

第5位はお金を引き出すための施設がランクイン。

やはり一人暮らしの身にとって、親からの仕送りやバイトのお給料は最重要のライフラインです。

手持ちのお金が無い、と思ったらすぐに引き出してこれるのはとても便利です。
もちろん多くのコンビニでもATMが設置されていますが、「手数料が108円、216円もかかるのは嫌!」という人はチェックしておきましょう。

第4位 交番、消防署

次は治安面の設備がランクイン。

何か事が起こった時でも大丈夫、という安心感は心細い一人暮らしの身にとって非常に大きいものです。
一人暮らしではどうしても利便面が重視されがちですが、治安面も考慮しておきましょう。

内見の際には周囲の騒音の有無や住民の年代層なども確かめておければいいですね。

第3位 100円ショップ

次は生活用品から食材まで幅広く破格の値段で買い揃えることのできる、100円ショップがランクイン。

新生活を始めるにあたり、意外なものが無かったり足りなかったりすることがあります。
乾電池、洗面台に置くプラスチックのコップ、便座カバー・・・

100円ショップさえあれば基本的に生活に必要な物を揃える事ができます。

第2位 病院

そして第2位は病院がランクイン。

体が不調に陥った際には、歯科医院や整骨院なども含め治療する施設が急に必要になります。
急に歯が痛み始めた、部活を終えて帰って来たら肩の具合が悪い、そんな時にわざわざ電車を乗り継いで足を運ぶのは大変です。

第4位と同じく、「万が一」の際にどうするかを含めて部屋探しをしましょう。

第1位 コンビニ、スーパー

そして堂々たる一位はコンビニとスーパー
24時間営業していることや、幅広い品物が準備されているという点が評価されます。
その汎用性から、第5位〜第2位の施設の代替さえも可能です。

手持ちのお金がなくなれば、コンビニのATMへ。
もし夜道で人に襲われたら、24時間営業のコンビニへ。
乾電池やコップが必要になれば、コンビニの生活品コーナーへ。
熱が出たり頭痛がすればコンビニの医療品コーナーへ。

コンビニさえあれば、緊急の際の必要はだいたいカバーできると言っても過言ではありません。

ただし、地域によっては夜コンビニに人が集まり、騒がしくなるという可能性もあるので気になる人はそこまで確認した方がよいでしょう。

最後に

いかがでしたか。
コンビニや病院はチェックしてたけど100円ショップまでは気にしていなかった、という人もいるのではないでしょうか。

もちろん全ての施設が近隣に準備されているということはまれですので、どの施設が自分にとってより重要かを比較考慮して、部屋を探してみてください!