「センター現代文はセンスじゃない!」難関大生が教える現代文をロジックで解いて9割以上とる勉強法

goukaku-suppli_2016-02-13_14-52-04.jpg

私はこんな人です!

高3になる前まで、現代文の偏差値は50台でした…(絶望)

高2の3月時点で、現代文は半分くらいしか取れないような悲惨な状況でした。某予備校の記述模試の偏差値は60いけばいいほうで、だいたい50台…。

いろいろ暗中模索してみたけど、一向に成績が伸びる気配なし…自分には現代文のセンスがないんだろうな、と落ち込んでいました。

でも、もう高3になるし、このままじゃさすがにヤバい!と思い、4月、思い切って学校の信頼できる先生に相談してみたんです。

そこから逆転劇が始まりました。

センター現代文対策に使った参考書はこれ!

お勧めの参考書を教えてもらえました。教えてもらった参考書は、『 船口のゼロから読み解く最強の現代文』。まず、この問題集で読み方、解き方の基本を理解しました。

そして、それを解く際に実践できるようになるまで例題の問題演習を繰り返しました。

ここで重要な点が、この例題のできなかった問題をできるようになるまで繰り返し解いたことです。答えを覚えてしまっているうちは繰り返し解いても意味がないので、1,2週間のブランクを開けて2回くらい繰り返しました。

じゃあ具体的にどういう読み方してたの?と疑問に思われたと思うので、紹介します!

次ページ:現代文で9割取るための具体的な読み方とは?