【1・2年生向き】夏休みはこんな風に過ごせば充実します!〜生活習慣編〜

iStock_000030757382_Medium-e1430061828987-1110x1090.jpg

いつもと違って学校のない夏休みは生活リズムが崩れがち…。夏休み、だらだら過ごして後悔する前に生活のリズムを固めて、充実した夏休みにしよう!

朝ごはんをたべよう♪

寝坊して朝ごはんを抜いてしまう…なんてことありませんか?朝ごはんを食べない学生が増えていますが、朝ごはんを食べないと脳が働かず、集中して勉強できないのでNG。やる気も出ずはかどりません。必ず朝ごはんを食べるようにしましょう。

脳のエネルギー源であるブドウ糖を多く含むご飯やパンなどの炭水化物を取ることをお勧めします。時間があれば野菜サラダや卵焼きなども付けると栄養バランスも完璧です。

早寝早起き!!

土日などの休日は、起きたら昼だった…という経験がある人は、夏休み前に休日も平日も同じ時間に寝て起きるようにして習慣づけましょう!

脳が十分に働くには最低6時間の睡眠が必要といわれています。翌日早く起きなければならないのに夜更かしをするのはNGです。
ちなみに宿題を頑張るなら早起きして静かで集中しやすい朝するのがおすすめです。頭がクリアな状態なので効率もいいですよ!

また、朝なかなか起きれない人はラジオ体操を習慣づけることをお勧めします。夏休みに陥りがちな運動不足も気持ちよく解消できます!

宿題を始める日や時間を決めておこう!

宿題をする気になれない…その気持ち、もちろんわかります!
やはり宿題は後回しにしたいものですよね。
後回しにしても別にいいのです。宿題をする日をあらかじめ決めてさえいれば。

夏休みの宿題は、毎日少しずつするのではなく、一気に片付けることをお勧めします。
毎日少しずつやることだけを「計画的」とは言いません。きちんと遊ぶ日と勉強する日を決めることだって立派な計画です。

おわりに

夏休み前に生活リズムを固定して、有意義な夏休みにして志望校に近づきましょう♪