『ゆったりとしたキャンパスライフを送りたい』K.Yさんが学習院大学・経済学部を選んだ理由

ky
この記事は 2016年07月10日に更新されました。

こんにちは! 合格サプリ編集部ライターのさとぅです。

大学の学部はたくさんありますが、そのそれぞれに魅力があります。

そこで今回は学習院大学・経済学部2年のK.Yさんに、どんな高校生活を送り、どのようにして今の学部と進路を選んだか、そして現在の大学生活について聞きました。

このインタビューが、皆さんの志望学部や進路を決める上で参考になれば幸いです。

K.Yさんのプロフィール

出身 埼玉県
学歴 公立中学→私立高校(女子高)→学習院大学・経済学部に現役合格
文理 理系(高2の秋まで)→文系
受験した大学と合否
(併願パターン)
 

早稲田大学(商、社会科学)、慶應義塾大学(経済)→×

学習院大学(経済)→○

予備校・通信教育 東進ハイスクール(数学)
サークル 旅行サークル、人形劇サークル、合格サプリ
現在の動向 やりたいことを探すため日々冒険中

スポンサーリンク

このインタビューをまとめると…

文理選択で文系を選んだワケ

K.Yさん
理系学部でやりたいことがなかったので、昔からの夢を追いかけようと思ったから

学習院大学・経済学部を選んだワケ

K.Yさん
落ち着いた雰囲気の学校がよかったから。

学習院大学・経済学部の魅力を一言で表すと…

K.Yさん
授業の質がとても高く、授業を受けていて飽きない!

学習院大学・経済学部のイメージと違ったところ…

K.Yさん
全体的には静かであるが、にぎやかな学生もいた。

学習院大学・経済学部はこんな人にオススメ!

K.Yさん
落ち着いたキャンパスライフを送りたい人にオススメです!

早速ですが、Yさんはどんな高校生でしたか?

家庭科部に所属していて、週に一度料理や裁縫などを行っていました。
元々校則が厳しく、下校時間も18時と早かったため、部活で勉強時間が無くなるという事はありませんでした。

受験勉強に本腰を入れたのは高2の11月からです。
自習室を利用したかった事と、先生が待機していていつでも質問できる環境であったため、東進ハイスクールに入学しました。

また、第一志望だった慶應義塾大学の先輩にも勉強を教わりました。

元からの知り合いではなく、先輩が作成していたメルマガを通して依頼し、直接会ってレクチャーしていただきました。
2週間ほど教わっただけで英語と数学の成績が大きく伸びました。

見知らぬ先輩に教えてもらうなんて行動力ありますね!

「思い立ったら即行動」がモットーなので(笑)

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいいと考えています。
先輩も私の熱意に答えて真剣に教えてくださったので、頼んでよかったと今でも思っています。

次ページ:Kさんの志望校の選び方

PICK UP!

Z会通信教育[PR]

学力の土台となる「読解力」「基礎力」の養成に役立つ2冊セットを希望者全員にプレゼント。
難関大合格に圧倒的に強いZ会から、夏限定の提案です。

「学力が伸びた!」といえる夏にするために、ぜひご活用ください!