『一般入試でも指定校推薦でも日頃の積み重ねが大事』S・Mさんが慶應大学・商学部に進んだ理由

『慶應大学にあこがれて』 N.Yさんが推薦入試で慶應大学文学部に合格できたワケ

こんにちは! 合格サプリ編集部ライターのはるにゃんこです。

やりたいことが決まらなくてどの大学・学部に行けばいいか分からないという人は多いでしょう。

そこで今回は慶應大学・商学部の2016年度合格者で現在1年生のS.Mさんに、どのように進路選択をしたか、そして実際に通って分かった慶應大学の魅力について聞きました。

進路を決める上での参考にしてみてください。

S・Mさんのプロフィール

出身 長野県
学歴 公立中学→公立高校(県立長野高等学校)→慶應大学・商学部に現役合格
文理 文系
受験した大学と合否
(併願パターン)
現役時

  • 慶應大学商学部に指定校推薦 合格
予備校・通信教育 現役時

  • 進研ゼミ高校講座
  • 高2終わりの春休みから東進ハイスクール
サークル お笑いサークル、合格サプリ編集部
現在の動向 簿記3級を目指して専門の塾で勉強中

スポンサーリンク

このインタビューをまとめると…

文理選択で文系を選んだワケ

S.Mさん
文系で数学が得意だと有利だから。

慶應大学・商学部を選んだワケ

S.Mさん
一発勝負に弱いから指定校推薦で入れる大学を選んだ。

慶應大学・商学部の魅力を一言で表すと…

S.Mさん
様々な境遇の人が集まっている。

慶應大学・商学部のイメージと違ったところ…

S.Mさん
チャラチャラしている人が多くない。授業が大変。

慶應大学・商学部はこんな人にオススメ!

S.Mさん
公認会計士を目指す人、大学生活を充実させたい人。

まず、どのような高校生活を送っていたか教えてください。

ダンス部に所属し、活動は週4~5回でした。勉強との両立の秘訣は、電車通学の時間などスキマ時間を利用することです。

そのおかげで1年のときから定期テストで良い点を積み重ねていました。良い成績をとれたので指定校推薦にも有利に働きましたし、基礎が身についたので受験勉強もスムーズでした。

部活を引退したのは高校3年生の7月です。夏休みは受験勉強に専念することができました。

忙しそうですが両立できていたのですね、尊敬します。文系に進んだ理由は何ですか?

私の高校では2年生のときに文理が分かれるので、そのときに文理選択をしました。

当時は数学が得意だったため理系とも迷いました。理系で数学が得意な人よりは文系で数学が得意な方が有利かなと思って文系にしました。実験が苦手だから理系は無理そう、というのもあります。

理系の人が数学3で苦労していたので、やっぱり文系にして良かったです。

数学ができる文系の人って少ないですもんね。では大学受験の話に移ります。指定校推薦で合格したとのことですが、一般入試は考えませんでしたか?

高校受験は第一志望校に合格しましたが点数がギリギリでした。この経験から一発勝負に弱いことが分かったので、高校1年生のときから指定校推薦を希望していました。

ただ、推薦を頂けるか分からなかったため、指定校推薦が決まるまでは一般入試を受験することも考えて塾に通っていました。

受験を考えていたのは一橋大学です。高校2年生のときにオープンキャンパスで行ってみて、キャンパスが魅力的でおもしろい教授が多く、ここで学びたいと思ったので選びました。模試でB判定を頂いたこともあります。

指定校推薦がある大学はいくつもありますが、その中で慶應大学・商学部を選んだ理由はなんですか?

文系で、でも法律や文学には興味がなかったので消去法で経済学にしました。

ですが、慶應大学・経済学部は指定校推薦がありませんし、早稲田大学・政治経済学部は指定校推薦の枠は1人だけでした。そこで3人が指定校推薦を受けられる慶應大学・商学部にしました。

慶應大学はOBとのつながりが強く就職に有利だと思ったのも決め手の1つです。

行ってみて分かった慶應大学・商学部の魅力を教えてください。

2浪、地方出身者、内部進学生など様々な境遇の人がいます。経歴を聞くのが楽しいです。

また、自分の学びたいことだけを学べます。知識が増えるのを実感できていて嬉しいです。

それから、慶應大学は公認会計士になる人が最も多い大学なんだそうです。実際、大学全体として公認会計士になることを推奨しています。慶應大学の日吉キャンパスの近くには公認会計士になるための専門の塾がたくさんありますよ。

大学入学前に思っていたのと違ったところはありますか?

チャラチャラしている人が多くないな、と。茶髪の人も少ないです。真面目な人もオタクもいるので、慶應は雰囲気が合わないからと敬遠する必要はないと思います。

また、単位を取得するのが楽と聞いていましたが、予想していたより大変でした。特に語学の授業は期末試験以外にもテストが頻繁にあるし、毎週レポート課題が出ます。

慶應大学の文系はチャラいというイメージがありましたが、そうでもないのですね。実際、カップルは多いですか?

結構います。カップルで授業を受講している人が多いです。4月の時点からもうカップルができていたのには驚きました。クラスやサークルで仲良くなったようです。

もし今、他の大学や学部に移れるとしたら、どこに行きたいですか?

移れるとしてもやっぱり慶應大学の商学部がいいです。経済学部は国全体から客観的な視点で学びます。私はそれよりも経営者の立場でリアルに考えられる商学部の授業の方が好きだからです。

また、国立の大学は授業がもっと大変らしいので、自由時間が多い慶應大学で良かったと思います。

大学を卒業したあと、したいことはありますか

大学院に進学するつもりはありません。専門の塾で簿記の勉強をしていて、大学在学中に簿記2級までは取得したいと考えています。でもその後公認会計士の資格を取るかどうかは未定です。

1つに絞らず、色々な職業を見てから決めたいと思っています。

最後に、慶應大学・商学部はどんな人に向いていると思いますか?

先ほども行った通り、公認会計士になりたい人には最適な環境が整っていると思います。

また、オタクでもチャラチャラしている人でも、大学生活を充実させたい人にはオススメです。

インタビューを終えて

指定校推薦で合格する人は少数なので興味深いお話でした。本番に弱い人は指定校推薦を考えてみても良いかもしれません。

一般入試を受験するにしても推薦をもらうにしても、日頃から勉強していくことは大事ですね。
PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!