「数学の模範解答を写経していました(笑)」東大美女・篠原梨菜さんインタビュー

「数学の模範解答を写経していました(笑)」東大美女・篠原梨菜さんインタビュー

理系の人とも勉強したい

篠原さんは、なぜ東大を目指されたのですか?

学芸大附属という高校にいたので、まわりに東大を受ける子が多くて、自分も受けようかなという感じでした。

また東大は大きな総合大学で、理系の人たちとも一緒に勉強できて、視野が広がるかなと思って東大を目指すことにしました。

「数学の模範解答を写経していました(笑)」東大美女・篠原梨菜さんインタビュー

模範解答を写経していた

受験生時代の勉強時間はどれくらいでしたか?

平日は学校のあとで家で3~4時間ってう感じです。たまーに塾にも行ったりしてました。塾は一科目ごとに違うところに通ってました(笑)。

休日はカフェに、えげつないくらい通って勉強してました。7時間ぐらいカフェにいて紅茶2杯とたまにアイスしか頼まない、迷惑な客だったと思います……(笑)

受験生時代、一番つらかったのはどんなことでしたか?

センター直前は、ひたすら過去問ばっかりやっていて、それがつらかったです……。

センターって、問題を解いて点数を取るというよりも、いかに間違わずに8割とか9割とかの得点を守っていくかみたいなところがあって、あまりおもしろくはないですよね……

あとは、数学ができなくて、過去問を見るたびに不安で、模範解答をひたすら書き写したりしていました。

そうすると『この問題はもう解ける!』って、同じ問題が出るわけないので効果はわからないんですけど(笑)、精神的な落ち着きを得られました。

次ページ:篠原さんのやる気アップ勉強法




皆さんの意見を聞かせてください!
合格サプリWEBに関するアンケート