最強の勉強環境!『学習環境最後のフロンティア』イン・ザ・トイレ勉強法

goukaku-suppli_2015-09-17_04-27-08.jpg

はじめに

 勉強の効率・達成度には、学習環境が大きく影響します。自分の気分や学習する内容に合わせて、最適な学習環境を選ぶことが、合格への近道とも言えるでしょう。

しかし、皆さんはすべての学習環境を使いこなせているでしょうか?すばらしい学習環境を見逃していないでしょうか?

そうです!そこです!あなたの家のトイレ、それは学習環境最後にして最強のフロンティアなのです!トイレの中での勉強法、今回は特別にお教えしましょう。

なぜ家のトイレが良いのか??

 あなたの家のトイレが素晴らしい学習環境である理由を5つご紹介しましょう。

 ①毎日絶対入るので、継続的な勉強にとても有効。

 ②相当な量のスキマ時間を有効活用できる。

 ③外部の音をシャットアウトした狭い空間なので、集中が高まる。

 ④温かい便座に座れば、とても落ち着く。

 ⑤教材をトイレの壁に貼れば、家族に対して、勉強しているというアピールができる。

厳選!トイレ勉強メソッド

①暗記モノ

最もスタンダードなトイレ勉強法。壁に暗記事項を書いた紙を貼り、用を足しながら覚えるというものです。

注意点は、ペーパーを作るのが面倒くさくなるということ。毎日単語を10個ずつ書いて持って入って覚える、というような方法は意外と長続きしにくいもの。トイレでは「新しい事項の暗記」よりも「忘れそうな事項の確認」が向いています。

例えば、数学の公式集、漢文重要句形表、元素周期表、歴史年表のように、暗記事項が全て一覧になったものを印刷して貼っておくのがオススメです。トイレに入る度に、全体を見直して、忘れそうなところを確認し、覚え直しましょう。

②リスニング教材

トイレに音楽機器を置いておき、短めのリスニング教材をセットしておきます。電源は便器のウォシュレット用のコンセントがありますから、タコ足器具をつけて使いましょう。

トイレに入るなり電源を入れ、用を足しながらリスニングします。音響も良く、かなり集中できるはずです。

教材としては、リスニング付単語帳の『DUO3.0』やZ会の『大学入試リスニングのトレーニング』、TOEICや英検用のリスニング問題集など、短めの問題がたくさん入ったものがオススメです。また、ヒーリング音楽などもセットしておけば、良い気分転換になります。

③やる気の出る格言を貼る

「天才とは努力する凡才のことである」(アインシュタイン)、「あきらめたらそこで試合終了ですよ」(『スラムダンク』)など、やる気の出る歴史上の偉人の格言やアニメ・漫画の名言などを貼っておき、トイレに入る度にやる気をチャージしましょう。

偉人の格言を見れば踏ん張れるので、用を足す手助けにもなりそうですね!また、やる気を上げるという意味で、模試の結果を貼るという方法もあります。

④スマホはトイレに監禁

勉強しなくちゃいけないのはわかっていても、ついついスマートフォンでSNSやゲームをしてしまう。そんな人にオススメです。

トイレに自分のスマホを置いておき、トイレに入ったときだけLINEやTwitterをチェックする、という方法です。

ただ、手を滑らせてスマートフォンを落とさないように気をつけましょう。

⑤手を洗う

 
トイレは「お手洗い」と呼ぶように、「手を洗う」場所でもあります。実は、手を洗うことは学習効率上、脳に良い影響を与えるのです。

問題に行き詰ったとき、ちょっと疲れたときにトイレに行って手を洗う、これだけで集中力が戻ってきます。簡単なので、ぜひやってみてください。

おわりに

これを読んだあなたはトイレマスターです!(嬉しくない……?)あまりトイレにこもりすぎて、家族に迷惑をかけてもいけませんが、トイレの壁でも電源でも、使えるものは全部使って、勉強も便通もスッキリさせましょう!