少しの工夫で点数アップ! 誤答例から学ぶ、自由英作文のコツ

スクリーンショット 2017-06-17 23.49.48

多くの国公立大の入学試験では英作文の問題が出題されます。
英作文は文法問題や長文読解などと違い、題材の難易度にあまり左右されないので、確実に高得点を狙いに行くことができます。

そのために重要な点を今回はご紹介します。

自由英作文はちょっとしたコツで簡単に伸びる

定期テストや模試で自分では上手く書けたつもりでも、返却されたら全然点数が取れていなかった…なんてことありませんか? 

自由英作文では「論理的な文章」を 「正しい英語」で書くことが求められるので、内容が伝わるだけでは不十分です。
ただし、受験生の間違えやすいポイントは限られているため、そこを意識するだけで点数はぐっと伸びます。

スポンサーリンク

誤答例から間違えやすいポイントをチェック!

では、次の問題と、その解答を見てみてください。
一見普通の解答にみえますが、どこがまずいのかあなたはわかりますか?

<問題>
もし全ての人が、他人の心の中を見抜くことができるとしたら、人と人とのコミュニケーションはどのように変化すると考えられるか。あなたの考えを述べなさい。
<誤答例>
I think that ①we ②build a better relationship than ever. ③First, we get along with each other without behind our real intention and we ④wasn’t hurt by someone’s lie. Second, we aren’t worried about someone’s feeling gratuitously. ⑤And we can read someone’s feeling and act as we don’t hurt someone’s feeling. ⑤So, we are able to communication smoothly.

①一般人称代名詞はyouを使う

よく日本語では人間一般を指し示す際に「私たちは」とか「我々は」と言います。

例えば、「科学の発展によって、私たちは快適に過ごせるようになった。」と言います。
しかし、英語では人間一般を示す際にはweではなくyouを使うのが普通です。

特に今回のように「今までよりもより良い関係を築ける」という文章を書くのであれば、誤答例にあるようなweではなくyouを用いるのが良いでしょう。

②その文章は仮定法?直説法?

今回の問題では「もし全ての人が、他人の心の中を見抜くことができるとしたら、」という仮定があります。

これは現実にはそうそう起こりえない仮定です。
そのため、文章全体は仮定法で書き進めていくことが必要です。もしこのようなお題が出されたときに、”we will ~”と未来形などで書いた場合、大幅に減点されることがあります。ですから、英作文を書く場合には現実のことなのか仮定のことなのか、十分に考えてから書くことが重要です。

③First,…、Second,…といきなり書き始めていない?

よく理由を挙げる際に、「1つめに…だから。2つめに…だから。」と書きますが、その際にいきなりFirst,…、Second,…と書き出すのはNGです。

その前に、”There are two reasons.”のように、これから挙げる理由の数を必ず述べるようにしましょう。

④文法ミス、してない?

三単元のsや時制の一致など、中学で学ぶ基本的な英文法でミスをすることは避けるようにしましょう。
こういったものは間違いが確実に間違いと判断できてしまうので、採点官も確実に減点してきます。

一般的に英作文は減点法で採点されていると考えられているので、このようなミスはゼロにするようにしましょう。

⑤文頭のBut、So、AndはNG

「しかし」という意味でBut、それから「したがって」という意味でSoを用いるのは英作文では禁物です。
なぜなら、これらは話し言葉では用いられるものの、書き言葉としては非正式なものだからです。

つまり、アカデミックライティングとしては好ましくない書き方となってしまいます。
因果関係を示す場合、接続副詞“therefore”、また累加表現の場合、“Besides”や“In addition”を用いましょう。逆接表現は“However”が一般的です。

さらに点数UP! ワンポイントアドバイス

今回の例題で説明した他にも差がつくポイントがあるんです。ぜひ実践してみましょう!

簡単な表現で言い換える

自分の書いている英語が正しいのかどうなのかわからない場合は、もっと簡単な表現で書き換えることができないか考えてみるようにしましょう。

例えば、「本を小脇に抱えて」ということを考えるときに「『小脇』って何…?」というような思考回路に至ったら、一度その状況を頭でイメージしてみるようにしましょう。
そうすると「両手に本を抱えている」という表現が浮かんできませんか?こういう状況を考えられると”have books in his arms”というように、簡単な英語で表現することができます。

Because節のみで文章を作っていない?

文章というのは必ず主語(S)と述語動詞(V)が存在します。
よくある受験生のミスは「~だからだ。」という意味で、Because節のみで文章を作ってしまうことです。

Because節は文の要素としては修飾語句(M)になってしまうので、これだけでは文の構成要素にはなり得ません。ですから、「~だからだ。」と述べたい場合には、”This is because~.””It is because~.”というように、必ず文中にSVが存在するようにしましょう。

譲歩する

今回のお題は意見を求められるものではないですが、ある考えに対して意見を求められる英作文の場合には、必ず自分の主張と反対の意見を取り入れる譲歩の表現が必要です。

そうすることで、ある一方の視点からではなく、双方の視点から考えた結果、自分の意見が良いと主張することができるので英作文により一層説得力を増すことができます。

PICK UP!

2017年度大学入試出題数No.1の朝日新聞が、7日間の無料お試し読みキャンペーンを実施中!
今なら、受験に役立つ合格応援セットをもれなくプレゼント!