京大医学部卒の研修医が語る!医学生のリアル大学生活6年間

66545614ea6d4dca937ff8701f841358.png

医学部に入ると、そこにはどんな大学生活が待ち受けているのでしょうか?

そこで今回は、京都大学・医学部医学科を卒業し、現在、京都大学医学部附属病院の研修医をしている私が、意外と知られていない医学生のリアル大学生活6年間をお伝えします。

医学部合格を胸に誓っている人はモチベーションアップに、医学部に行こうかどうか迷っている人にはぜひ参考にしてください。

【はじめに】医学生の授業と学生生活

大学の授業は一般教養と専門科目に分かれる

まず、大学の授業は、医学部に限らず一般教養専門科目に分かれます。

一般教養は「教養の幅を広げる」ことが目的で、自分の学科や先行とは関係なく授業を選びます。
工学部の学生が哲学の授業をとったり、経済学部の学生が科学を履修したりもできます。

それに対して、専門科目は「自分の専攻に関する深い知識を得る」ことが目的です。

医学部の専門科目は基礎と臨床とがある

さて、医学部の専門科目はさらに、「基礎」と「臨床」とに分かれます。

基礎科目は薬学や生物学に近い科目で薬がどのように人体に作用しているか、あるいは人間の発生や免疫機構の詳しいシステムなど体の仕組みを学びます。

それに対して臨床科目では病気や治療について学びます。
例えば臨床の循環器科目であれば、心臓がどのくらい血液を出して、それがどのように体をまわっていくかといった基本に始まり、循環器の病気、検査、診察、そして治療を学ぶことになります。

【大学1年生】一般教養のみで医学に直接的に関係する授業はあまりない

大学1年生の授業はほとんどが一般教養です。

数学の必修科目や、法律、哲学、文学などの文系科目、さらに英語や第二外国語(ドイツ語、中国語、フランス語など)といった語学の授業が中心になります。

医学部に入るとすぐに医者になる勉強をするのでは、と思う人も多いかもしれませんが、大学1年生では医学に直接的に関係する授業は全くと言っていいほどありません。

【大学2年生】組織学、発生学などの医学関連の基礎科目と解剖実習が始まる

基礎医学について幅広く授業を受ける

1年目に教養科目の単位を最低ラインまで取得できなかった人は継続して一般教養。
そして、組織学、発生学、生理学や生化学などの基礎医学の基礎科目が始まります。

研修医となった今では、こういった授業が大事だったと強く思いますが、正直当時は何のことかさっぱりでした(笑)

勉強量としてはそこまで多くなく、テスト前だけ勉強は大変ですが、精神的にも時間的にも余裕を持って生活できます。

解剖実習が始まる

そして2年生の9月からは2年生の中でも一番大きな実習である解剖実習が始まります。
解剖実習の始まる頃から比較的忙しくなってきます。

(解剖実習については後日改めて別の記事でご紹介したいと思います。)

遊べるのは大学2年生まで!

夏休み、冬休みといった長期休みは6年生までありますが、学年が上がるにつれて授業や実習が忙しくなるため、長期旅行などに行けるのはこの大学2年生までです。

なるべく早いうちから先輩などから、どんなバイトをしているか、部活の状況、試験についてなど情報を集めて、充実した大学生活になるよう計画を立てないと、大学生らしい旅行や遊びを全くしないまま大学生活が終わってしまった、なんてことにもなりかねないので十分ご注意を。

次ページ:1年間で50~60回のテストがある!?大学3年生の実態とは