【中高生必見】定期テストの勉強はいつから?2週間前から前日までの勉強法

この記事では、多くの中高生が抱える問題「定期テストの勉強はいつから始めたらいいのか」が解決する方法をご紹介します。もちろん個人差はありますが、誰でも手軽の取り組める内容ですので、ぜひ参考にしてくださいね。

2週間前から「目を通し」始める

2週間と聞くと「何から始めたらいいんだ……」と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、たかが定期テストとはいえ、1週間、まして一晩で対策を立てることはできません。

まずはこちらの全体図をご覧ください!

【中高生必見】定期テスト勉強はいつから始める?2週間前からのおすすめ計画

 

定期テスト2週間前は、「これから何を覚える必要があるのか」を確認することが重要です。そうすることによって1週間前に「何から勉強を始めたらいいんだろう」と迷うことがなくなり、より集中して効率よく学習できるようになります!

しかし、あくまで確認することが目的ですから、この段階では無理して暗記しようとしなくても大丈夫。2週間前の目標は、試験に出てくる範囲の知識や内容に一通り目を通すことです。1週間かけて試験範囲の内容を確認し、重要事項とそうでないものを判別できるようにしましょう!

それでは2週間前から1週間前までの具体的なスケジュールについて文系・理系科目別々に見ていきます。

文系科目編

定期テストの場合、使用する教材は教科書・資料集・ノートなどに絞られると思います。教科書は詳しく書いてありますが、一通り学習が進んだ状態でないと理解することができないため、まずは授業中に配布されたプリントや自分でとったノートを使うことをオススメします。

ノートを見返すだけでもかなり時間がかかりますから、7日で全て見通せるだけの配分をしっかり考えてくださいね。単純に7で割ると計画にズレが生まれやすいですから、目標としては5〜6日で見直せる計画を立てるといいですよ。

また、先ほども説明したように、この時点では無理に覚えなくても大丈夫です。全体を確認して習った言葉や流れを全て「見たことがある」「聞いたことがある」という状態に持っていけるようにしてください。

ノートの内容を勉強する際に、カンニングペーパーと知らないところだけをまとめることができるのでオススメです。

授業で習った内容を全て覚えているなんてことはありえませんが、逆に全部わからないということもないですよね。そのため、効率よく勉強するためにも「何がわかってて、何がわかっていないのか」を知ることが大事です。

時間が足りない場合は実際に作らなくても構いませんが、「カンニングペーパーにまとめるとしたら」と考えながら読み、わかっていないものを中心に記憶できるよう意識してみてください!

カンニングペーパーについてはこちらの記事で詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

現役東大生が教える!理想のカンニングペーパーの作り方と最大効果を発揮する使い方

2015.10.19

時間が早く終わった、ノートでは物足りないという方は教科書・資料集も活用しましょう。

教科書は流れを理解する、資料集は重要事項を一気に覚えることに適しています!ノートだけではわからなかった歴史の流れなどを教科書で確認し、文法事項や王朝などの細かい知識を資料集で確認しましょう。

同じ内容を違う書物を通して読むことで、より記憶が定着しやすくなりますよ。テストにもよく出る重要な点は必ず教科書・資料集にも載っていますので、繰り返しその内容に目を通すことで1週間前の勉強がかなり楽になります。

 

理系科目編

文系科目編では「覚えられなくてもいいので、覚えるべき箇所を確認する」と言いましたね。それと同じで理系科目も「完全に解けるレベルにならなくて良いので、解けない問題を確認する」ことが必要になります。

つまり、理系科目の場合は解けない問題を発見することに主眼を置くことになります。そのためには教科書傍用問題集(4stepなど)を使って、ある程度多くの問題に触れる必要があります。時間はかかりますが、試験範囲の問題を一旦解いてみてください。

その際、解く問題を「A問題だけ」「B問題だけ」「星印だけ」と絞ってしまっても構いません。確実に解ける問題に時間をかけるのはもったいないですからね。

また、入試を見据えて数学に取り組みたい人や、数学が得意だという方はチャート式や一対一対応の演習などの問題集を使ってもいいでしょう。難易度が高いため解き進めるのは大変ですが、定期テストと同時に入試対策をすることができます!

解けない問題を効率的に確認するには、「日付法」を使うと便利です。

なんだか名前がついて仰々しいですが、要するに「問題を解いた日付」と解けたかどうか(○×△で表す)を問題の側に書いておくということです。

日付法

日付法を使うと、いつ解いたかが分かるので、一目で解けなかった問題を把握することができます。また、いつ解いたかもわかるので「昨日の俺は頑張ったんだな!」とモチベーションアップにも使えますね。ただ日付を書くだけで効率アップ&やる気アップの効果が得られるので、この1週間は多くの問題を解いて日付法を使っていきましょう。

そして、解けない問題を見つけた場合はどのようにすれば良いのかを次の注意点で詳しく説明します。

注意点

注意点としては、最初から問題が解けなくてもいいということです。しかし、解説を読んで理解して、後で忘れてもいいので解説を読んだあとは一度自力で解ける状態にしておくことが重要です。

一瞬の間でも解けるようになった問題は、その後も解ける可能性がありますよね。逆に、解説を読んでも解けない問題は、その後絶対に解けるようになるはずがありません。ですから、問題を解いて解説を読んだ際は、必ず自分が解けるようになっているか確認しましょう。

解説を読んでも分からない場合は、より簡単な類題や、教科書を参考にして解いてみるといいですね。それでも分からない場合は付箋をはっておき、先生や友達に質問する癖をつけましょう。

一度理解して解法を覚えておくと、あとで忘れてしまってもかなり思い出しやすくなります。また、繰り返し理解することで長期記憶に残るようになり、定期テストも入試も突破できる基礎力をつけることにも繋がりますよ!

暗記作業は残りの1週間にするので、この間は範囲の一旦問題を解ききることに専念しましょう。解けるのが解説を読んだあとの一瞬だけだとしても、理解できれば十分です!

1週間かけて確認した内容を覚える

2週間前からの勉強では、テスト範囲の内容を確認してわかっているものとそうでないものを区別することが重要でしたね。

1週間前からは、このように確認した内容を覚え、そして思い出す作業が重要になります。覚える際もただ読んでいるだけではいけませんから、記憶したら問題などでアウトプットすることを意識して勉強しましょう!

文系科目編

もう既に覚えることは確認してありますから、テストの際に「そんなの範囲にあったっけ?初めて聞いたよ」となるような失敗は犯しませんね。

しかしながら、まだ定期テストで好成績を修めるのは難しいです。ここからは、ワークなどの問題集を使ってノートで確認した内容を暗記、定着させていきましょう。

問題集はできるだけ3回は通すようにしてほしいですが、1回目はノートなどで確認しながら解き進めて構いません。解く際は自分の記憶を頼りに答えられたものとそうでないものを区別し、2回目、3回目は何も見ずに解けるようにしてください。

2〜3回通しても答えられなかったものはカンニングペーパーとして紙にまとめ、直前に確認できるようにしましょう。この覚えられないものが全体の半分もあるなら勉強不足ですが、全体の2割程度が覚えられないくらいでしたら悲観する必要はありません。スキマ時間などを使ってまとめを確認し、本番に備えましょう。

古典文法や地歴公民の試験は基本的に覚えていないと問題が解けませんよね。しかし、テスト範囲に出てきた知識が全て出題されるということでもありませんから、少しくらい覚えられないものがあっても大丈夫です。どうしても覚えられないいくつかの単語のために何時間も使うのではなくて、「一旦覚えたものはいつ聞かれても思い出せる!」という状態を目指して何度もノートやまとめを見直すことが効果的ですよ。

理系科目編

理系科目もすでに解ける問題とそうでない問題を把握してあるので、あとは「解けなかった問題を解けるようにする」「一度解けた問題はいつでも解けるようにする」ことを目標に勉強しましょう!

具体的にはやはり問題を繰り返し解くことが一番です。日付法で記した記号を元に、時間があまりないなら解けなかったと理解が怪しい問題を、余裕があるなら一度解けた問題も再度解いていきましょう。

この時、自分ができなかった問題をいくつか集めた「自分だけの予想問題集」を作るといいです。例えば微積分などを例にとると、間違った問題のうち微分の計算問題を3題、微分を使って関数を求めるものを3題、積分の計算問題を3題、公式を使った積分の問題を3題、微分と積分の融合問題を3題と計15題集めて、1時間で試験をしてみるのです。

この時15点満点の何点だったかを自分で確認することができれば、どのくらい勉強すべきかがわかりますね。あえて一度間違えた問題から選ぶことで、より効率よく対策ができます!そしてそれでも解けなかったものは解法を紙にまとめておいて、スキマ時間で見直せるようにしましょう。

テスト前日はまとめを見直して早寝する

テスト前日、必ず守ってほしいのが早寝です。まだ覚えきっていないところもあるかもしれませんが、それは諦めて早く寝るのが肝心です。

そもそも、夜遅くまで(もしくは朝まで)勉強すればもっと頭に入れられるのでしょうか?2週間前から勉強して覚えられなかったものを、たった数時間で覚えたり、理解できるとはなかなか思えません。素直に早く寝ることで、テスト中確実に解ける問題で失点しないコンディションを作りましょう!

前日に確認すべきことは、主にノートとカンニングペーパーになります。ここまで来ればほとんど記憶していると思いますが、不安な内容は紙に書き出したり、翌日の朝に読めるようまとめておくといいでしょう。しかし、これにもあまり時間をかける必要はありません。翌日の科目とそれ以外の科目半々くらいで勉強しましょう

まとめ

この記事では、定期テストの対策として2週間前から学習し始める方法を紹介しました。多くの人が1週間前、3日前、前日にスタートを切るであろうテストに、2週間も前から取り組んで入れば好成績取れるのは間違いないです!

文系科目ではノートで知識を確認して問題集で暗記・定着を図る。

理系科目では多くの問題に触れて解ける・解けないを把握した後解けない問題を中心に勉強する。

このように段階を分けることで、より効率よくそして確実に実力が付けられます!ぜひこの投稿の内容を参考に、頑張ってくださいね。

また定期テスト関連のこちらの記事も参考にしてください!