【東大生直伝!】センター試験を短期間で9割超えにするための勉強法まとめ

goukaku-suppli_2015-10-25_08-32-23.png

センター試験までの日数も残すところわずかとなりました。

センター試験は多くの受験生にとっての、最初の関門ですね。
センター利用で併願受験する人や、国立大学を受験する人は特に、最低でも9割は得点しておきたいと思っている人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、センター試験を9割超えにするための勉強法をまとめました。
9割得点したい受験生必見です!

必見!センター試験を短期間で9割超えにするための勉強法(上)

Step1. 今の学力を把握する

これは一番すぐにやって欲しいことです。

残りわずかな期間の中で9割以上を得点するために、まず必要となるのが、自分の今の学力を把握することです。
現状を正しく把握するということは、今後対策を立てる上で極めて重要になります。

なぜなら、目標とする点数と現時点の点数にどの程度差があるかによって、残り限られた時間での勉強法・対策法が大きく変わってくるからです。

もし現状を把握せずに勉強してしまうと、とても効率が落ちてしまいます。

例えていうなら、目的地と目的地に行くための地図は持っているのに、現在地を知らないようなものです。
これでは、いつまでたっても目的地にたどり着けるわけがありませんよね?

話を戻すと、無駄な勉強をせずに最短距離でゴールに向かうには、この作業が必須だということです。

主に、以下の方法を使って現時点での学力を把握しましょう。

1:模試を解く

模試は本番さながらの試験で、今の自分の実力をしっかりと試せるのはもちろん、その結果から他の受験生とくらべてどの程度の位置にいるのかが分かるので、学力把握には最適な方法です。

一方で、模試を絶対視してしまうのは注意です。
模試の判定で、合格が決まるわけではないのですからね。

このことを押さえた上で、模試は参考程度にとどめておくことが大切です。

また、直前期となるとセンター模試の日程も数に限りがありますし、センター模試の日は丸一日時間を使ってしまうので、時間の限られた受験生にとって気軽に受けられるものでもありません。

模試をこれから受けるのは難しい、避けたいという人は、予備校大手各社から過去の模試をまとめたセンター総合問題集が出版されていますので、それを解いてみるのも良いでしょう。

これであれば模試と同様、偏差値なども簡易的に調べられるようになっています。

模試は形式もそっくりなので、本番さながらの雰囲気が体感でき、かつ自分の実力や位置を知ることができる良い機会です。
ぜひうまく活用しましょう!

2:過去問を解く

また、センターの過去問を解いてみるのも良い方法です。
個人的には一番オススメしています。

過去問は、大学入試センターの公式ホームページから、過去3年分の試験問題と解答が無料でダウンロードできます。

また、過去問は書店で売っている赤本黒本などでも取り組むことが可能です。
このように書店で販売しているものに関しては、掲載されている年度も25年以上はありますし、一応解説もついています。

過去問は本番まで解き続けて欲しいものなので、是非とも書店に行って自分の受験する教科の過去問を一式買っておくことをオススメします。
(辞書みたいに分厚いですが、個人的には価格は意外にリーズナブルだと思います。)

・赤本(国語)

・黒本(国語)

自分なりに出題傾向などを研究してみても良いかもしれません。
この点で、模試とは一味違った取り組み方ができます。

模試・過去問を解く上での注意点

自分で過去問や模試を解く時に注意点が2つあります。

1. 時間を本番と同じで解く

時間を本番と同じでやらなければ、本来の自分の実力は分からず、意味がないです。
時間内に解き終わる、時間が足りない、というのも実力の内です。

必ず、本番と同じ時間で解くこと、もし解き終わらなくても一度時間が終わったら採点し、その点数を自分の今の点数としましょう。
当然ですが、採点後にきちんと残った問題も解きましょう。

2. 余白(計算スペース)も本番と同じにする

これは特に数学で言えるのですが、余白(計算スペース)も本番と同じスペースでやるようにしましょう。

センター試験当日は、計算用紙などはもらえません。狭い余白スペースで、正しく計算して解答する力も求められます。
コピー用紙やノートなど広い計算スペースで計算することに慣れている人は特に、この狭いスペースでの計算にも慣れておきましょう。

余白の使い方については、下記の記事でも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

これであなたも余白マスター~すぐに実践出来る8つのポイント~

2015.09.24

次ページ:“今の自分について知った後は?”